ここから本文です

冷却水配管150Aを吊っている全ネジです。

ka5********さん

2019/4/2608:00:00

冷却水配管150Aを吊っている全ネジです。

アンカー打ち込み部が階段の為、斜め天井に打ち込んでいます。
アンカーは天井に対して直角に打ち込んであり、全ネジを曲げています。
この工法は正しいのですか?

補足結構古い大型デパートなんですが、昔はこの施工が一般的だったんですかね?
今なら現場監督に怒られそうな気がします。
新築でこの施工したら怒られますよね?

アンカー,全ネジ,アンカー打ち込み部,斜め天井,工法,アイボルト,アングルピース

閲覧数:
36
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mad********さん

2019/5/220:43:26

工夫の余地があります。ネジ棒の強度の低下や後施工アンカーの固着強さにも影響してますので、ザックリとめぐらしても・・・
1、吊り本数を増す、
2、アングルピースをこのアンカーで固定し、ネジ棒との接続はアングルピースに”ピン対偶”とする。
3、アイボルトをアンカーに接続してこれに吊る

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/3 06:12:31

斜めのアンカー取り付けは技術的にも困難で品質も安定しそうにありませんね。
仕方なく生まれた工法なんですね。
配管は太く中は満水となるのでかなり重くなると思いますが、以外に丈夫なんですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる