ここから本文です

今後の日本の住宅事情は、空き家だらけになり、数年後には東京23区内でも、庭付き...

yam********さん

2019/4/2912:18:00

今後の日本の住宅事情は、空き家だらけになり、数年後には東京23区内でも、庭付き一戸建てを、格安値段で購入出来るようになるのでしょうか?

閲覧数:
71
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lap********さん

2019/4/2913:04:42

格安とまではいかないと思いますが
都内も値が下がると思います。

人気エリア世田谷でも、
以前はマンション作れば
完成前に完売していたのが
最近は、完売までに
時間がかかってきているそうです。

人口が減ってきていますから
郊外ほどではないにしろ
都内も下がると思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2019/4/2918:54:17

①都内だと数年後ではまだまだ無理ですよ。 30年後であれば23区内でもあなたが希望する様な物件も出て来ますが、その頃には都内でも「住宅の集積化(超高層住宅:1,000M級)」が行われていますので、不便な所に「戸建て住宅」を所有する人は減ると考えます。

②勿論その頃には「自動運転のシェアリングカー(運転手不要のレンタカー)」なので、免許も維持費も不要ですが、それでも病院には本人が出向くしかありませんので、同じ建物の中で完結する事が出来る「超高層住宅」の方が好まれると思いますよ。


「補足・返信」があれば「追記」が可能です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

iid********さん

2019/4/2917:40:50

都内でも都心は安くならないです。

郊外は既に解体が必要な空き家は、解体費が捻出出来無い地主は格安で手放す傾向にあります。

shn********さん

2019/4/2916:55:04

良い土地は安くなりません
考えの無い方々は「いい土地が多少とも安くなる」と思っているようですが、そのようなことは絶対におこりません。歴史も示しています。

よく考えるとわかります。
90人の貧乏人が安い土地に10人の富裕層が高い土地に住んでいたとします。
この場合、貧乏人は高い土地に手を出しませんから、土地の移動が無いとします。

人口減少で人口が半分になったとします。
45人の貧乏人と5人の富裕層です。「5つの高い土地が余るので貧乏人が買える」と思うのじゃ愚かです。

人口が減った分、インフラ投資は減りますから、安い土地はもっと住みにくく、安くなります。一方、髙い土地が少しでも値下がりし始めると、買うのは貧乏人ではなく、富裕層なのです。貧乏人が買える値段になる前に富裕層が買い取ってしまうのです。

その結果、富裕層1人が持つ土地の面積が増えて、貧乏人が持つ土地は更に安い住みにくい土地になる。という図式です。
東南アジアの国々では人口減はありませんが、経済活動に参画できる実質の人口はとても少ないため、同じことが起きています。

人口減でも富裕層の不動産資産は増える一方、貧乏人はインフラ投資が減っていくデメリットをまともに受けて、増々貧しくなる、というのが日本が進みつつある人口減と二極化なのです。

残念ながら、良い土地が貧乏人の手に渡ることは絶対にありません。
よくわかりましたね。

vvo********さん

2019/4/2912:23:45

愚かな考えですね
人口減少で生じるのは「住宅事情のさらなる二極化」
便利な土地・地域は更に高くなり、現在多少の価値のある不便な土地は暴落する

首都圏は最後まで高値のまま
「車が無いと生活できない」地域が暴落していく

貧乏人が便利な土地を手に入れるのは、昔も、今も、将来も、一切可能性がない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる