ここから本文です

太陽光発電について教えて下さい。

アバター

ID非公開さん

2019/5/123:59:26

太陽光発電について教えて下さい。

この度家を増築し、傷んでいた部分を直しました。それに伴い父親が太陽光発電を付けたいと言い出し、いろいろ調べています。
父親は屋根にパネルを付けるのは嫌で、地面に設置したいと言っています。よく地面に架台を設置している発電設備を目にしますが、一般家庭で可能なのでしょうか?敷地は豊富にあります。

やはり屋根に比べると発電効率はわるいでしょうか?

あと、新築でなく後付けになるとかなりデメリットもおおいでしょうか?

教えて下さい。

補足皆さん回答ありがとうございます。とても参考になります。

いろいろ聞いて申し訳ないのですが、太陽光発電を今から付けるより、こんなものがオススメとかありますか?

閲覧数:
455
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/5/218:48:37

新築の家の屋根に付けるのでしたら良いのですが、築年数が経過している家の屋根に設置しますと、防水の寿命を迎えて太陽光発電装置を外す事になります。
メンテナンス費用の方が高くつきます。

太陽光発電の営業マンが太陽光発電が売れなくなり、蓄電池の販売に切り替えて居るのをご存知でしょうか?

現在は電力会社に再生エネルギーの買い取り義務が課せられていますが、間も無く買取の義務が無くなろうとしています。
10年後、20年後高い電気を買取って貰えなくなったら路頭に迷う事になります。

電力会社が高く買って安く売る異常な状態です。 販売価格よりも高い仕入れは市場原理に反しています。 電気の買取価格がいつ下がるかも分からない時に本当に付けるのでしょうか? 経済産業省の改正FIT法を読みましょう。 太陽光発電システムにおいて、余剰電力発電は発電料が使用料を上回れば利益に成ります。 電力料金に再生エネルギー賦課金の負担金が上乗せされているので載せないと、再生エネルギー発電業者にお金を払っている事に成ります。

将来環境税が固定資産税の様な税負担になった場合CO2の排出量で課税される可能性があり、その際再生エネルギー事業者には減免が有りそうです。

屋根裏の断熱がしっかりされて居ないと、金属なので蓄熱をして小屋裏が輻射熱で暑く成ります。

販売業者は日除けになると説明しますがメンテナンスコストが掛かりますので、ご注意下さい。

太陽光発電装置は新築の屋根に屋根材タイプを設置すると固定資産税の課税対象に成ります。

スレートの3〜4倍の評価基準で計算されます。 後付けタイプは非課税です。

しかし建物の1番高い場所に1kwあたり100kg程の重量が有りますので耐震上の懸念が有ります。 屋根の防水下地のルーフィングの寿命が30年です。防水メンテナンスの為に取り外す時は足場を掛けて10万円、専門の技術者が撤去するのに20万円〜30万円掛かります。

10〜15年でパワーコンディショナーの交換時期に成ります。

撤去には容量にもよりますが15万円〜30万円程掛かります。

室内設置のパワーコンディショナーで低周波被害、電磁波による体に及ぶ影響も出て居ます。 電気配線の寿命も30年が限界です。 後付けタイプを撤去した場合は、屋根の防水処理は必須条件です。

全量買取10kW超の場合は、送電線容量が小さ場合設置出来ない場合や、変圧器を自費で設置する場合も有ります。 災害時に日中は使用出来ますが夜は蓄電池が無いと使用出来ません。 災害の為に電力を確保する場合はガソリンエンジンの自家発電機の方が電力も安定して使え、外でも避難先でも使用出来ますので活躍します。 光熱費、以外の設置費用、メンテナンスコスト、ランニングコストの総合で付けるかやめるかを決めてはいかがでしょうか。

太陽光発電の設置面は南を100%の発電効率とした場合には西、東は85%、北は70%以下になります。特に西側は太陽光発電パネルが熱くなり発電効率は東に比べて低下します。
しかし最近は1kw30万円で設置出来ますので付けた方が得に見えますが、市場原理は安く仕入れて利益を乗せて電力を販売する方向に向いて居ます。 不安定な電力よりも安定電力を求める時代に変わっていく事が想定できます。。 大手住宅メーカーが太陽光発電をセット販売理由は企業としてCO2削減を言われ削減しないと課税されるからです。太陽光発電=CO2削減と国は考えているからです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「太陽光発電」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

m0u********さん

2019/5/401:28:51

野立ての場合、雑草が伸びてきてパネルにかかってしまわないようにしなければなりません
除草剤を定期的にまけばいいんですけど……除草剤の費用もまく手間も負担になってしまいます。

現在売電価格が下がってきていて昔のような太陽光発電を付けるメリットがありません
むしろ、パネルやパワコンからの出火、電磁波による健康被害、騒音問題、廃棄時の問題、反射光によるトラブル、太陽光発電で供給過多による停電リスク(九州でニュースになりましたね)などなど、問題はいくつも報告されています。
それから、きちんと設置しないと台風などで飛んで大迷惑になります。

デメリットが多すぎると思います。


※現金一括購入ではないとき
新築だと設置費用を住宅ローンで賄えるけど、後付けでは住宅ローンにより高い金利のローンしか使えません

ごろさん

2019/5/210:19:57

影にならなければ野立て設置で構いません。
発電電力は自宅の分電盤に接続して余剰売電となります。

asu********さん

2019/5/207:06:23

自分達で作れるキット
https://looop.co.jp/epc/product/mykit12.html
屋根に負担が掛からないから、自宅の影にならなければ別に効率は変わらないかと。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hah********さん

2019/5/200:09:57

誰でも付けられますよ。
ただ、太陽光発電には深い闇があります
まず業者がテキトーな人だと発電しにくい角度で設置されます。
太陽の熱を蓄えるので近くによると火傷する恐れがあります。
設置費にアフターケアサービス、保守サービスなんかがあり、結局いくらほど浮いたのかわかりません。
太陽が出ている間に発電します。
しかし太陽が雲に隠れれば発電しません。
特許が他国へ渡りました。
それからよく弊社で契約すれば電気代安くなりますよ!ってありますけど、三ヶ月経てば今まで通りの金額になってます。

もちろん付ける事が悪い事ではありません。
それなりにメリットは多いにあります。がしかし、隠れてコソコソやってる業者にはデメリットしかないですね

最後に付けた後に斜めに45でなかったら悪質な業者です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる