ここから本文です

ブルートレインの客車には

ef2********さん

2019/5/307:28:46

ブルートレインの客車には

金帯 銀帯 白帯がありますが

あの帯の違いは具体的には何なんでしょうか

閲覧数:
171
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pajさん

2019/5/307:35:46

過去の知恵袋より

白色帯の車両は、24系24型の車両で、
以前は3段式寝台車で、
改造されて、2段式寝台車に変わっています。
銀帯は、24系25型の車両でステンレスを使用してます。初めから、2段式寝台車として作ってます。
金帯は、「北斗星」や「博多行あさかぜ」「出雲1号・4号」に使用していた車両で
他の列車と違って、グレードが高い車両を連結していたので、装飾を金色3本にしていました。
ベースが主に24系25型の2段式寝台車になってます。
北斗星用の車両は、ドアが折戸でなくて、引戸になっているのが特徴です。
寝台車はJR東日本の青森車両センターと尾久車両センター、JR北海道の札幌車両所にあり
白色と金色を混ざって使っているのは、青森車両センター車を使用している「あけぼの」「日本海」です。
なお、青森車両センターの電源車のカニ24の23号は、発電エンジンを交換していて、
車体の帯の色も、銀色から白色に変更されてます。
カニ24の25号は、銀色の帯が白色に変わってます。
追記ですが、鉄道雑誌の「とれいん」に「あけぼの」の特集記事が載っていて、
「日本海」と「あけぼの」の車両について、解説があります。
その記事には24型客車でも、
北斗星に使用した客車は「自動ドアの引き戸化」と金帯に替わっているし、
25型でも、銀帯から白帯に改修した車両があります。
A寝台車については、オリジナルの白色を使用しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

man********さん

2019/5/307:59:02

元々は元祖ブルートレインから白帯だったんですが検査の度に塗りなおさなきゃならなかったので簡素化のためにステンレスの所謂銀帯になりました

金帯はブルートレインの需要が減少傾向であるために改善のためのグレードアップを図ったものに付けられたものです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる