ここから本文です

「守備側の意図とは無関係なプレイによってアウトになった走者を、アピールによっ...

sla********さん

2019/5/511:32:41

「守備側の意図とは無関係なプレイによってアウトになった走者を、アピールによって再度アウトにできるのか?

」という疑問を調べていたところ、少し私が脱線してしまったのですが、私の誤解の鍵となりそうな設問に対して、回答者様より、以下のようなご回答を頂きました。

設問1.
1アウト・走者満塁。
打者はライト前にクリーンヒットを放った。
3塁ランナーはゆうゆうホームイン。
打者走者は、2塁を伺いながらに1塁に入ったときにつまずき、1塁ベースに触れることなく転倒、ライトからの送球でランダウンプレイに発展、結果、二塁手により「タッグアウト」を取られた。(もちろん、1塁空過とのアピールはない。)
ランダウンプレイの途中2塁走者はホームイン、1塁走者は二塁手からの送球により、ホーム寸前「タッグアウト」にとられた。
守備側は、その後「一塁の空過」を理由にアウトの置きかえをアピールした。

アピールは有効で無得点でしょうか?

ご回答
無得点です。

設問2.
1アウト・走者満塁。
打者はライト前にクリーンヒットを放った。
3塁ランナーはゆうゆうホームイン。
打者走者は、2塁を伺いながらに1塁に入ったときにつまずき、1塁ベースに触れることなく転倒、ライトからの送球でランダウンプレイに発展。
このランダウンプレイの途中、1塁手がボールを保持しているとき、偶然にも1塁手の足が1塁ベースに触れた。
1塁手からは、審判に対して、何のゼスチャーもなく、ランダウンプレイは続いた。

ご回答者様は、1塁手の足が1塁ベースに触れた瞬間、打者走者に対して「アウト」の宣告はなさいますか?

ご回答
しません。

二番目の設問は当然私もそう理解しておりましたので兎も角として、私は、先の設問に対しては、全く逆の判定、つまり、「アピールは認めず得点2である。」と理解しておりました。

思っていた理由は以下の通りです。

例えば通常のショートゴロ、遊撃手から一塁手へボールが送られ、一塁手が打者走者より早く一塁に触塁すれば、何のアピールもなしに、打者走者は「アウト」です。

しかしながら、二番目の設問では、まだ一塁に触塁していない打者走者より早く、一塁手は一塁に触塁しているのにもかかわらず、「アウト」にはなりません。

違いは何でしょう?

審判員は事実を目撃者し判定する立場ですので、打者走者が一塁に触塁していないことはわかっておりますが、プレイ自体に何の影響力もありません。

打者走者はプレイを判定される側で、すでに二塁をうかがっていますので、できれば「塁に触れたとみてくれていないかな・・・。」「さもなくば、アピールやタッグより早く一塁に戻りたい。」とは考えているでしょうが、「一塁空過というプレイ」自体を無きものにするにはには、「タッグ」を避けて一塁に戻るしかありません。

問題は守備側です。
今どのようなプレイが行われているのかという判断は、守備側のプレイでしか判断できません。

打者走者より早く一塁に触塁していますので、アピールさえすれば、即、打者走者はアウトなのにアピールしていません。

何故か?

守備側はこの時点では打者走者の「一塁空過」を知らないか、あるいは、知っていたとしても、「アピールアウト」が行使できる状況なのに行使しないで、違うプレイ、つまり、「タッグアウト」というプレイを選択しているからなのではないでしょうか?

だって、アピールしないでランダウンプレイを続けていますので・・・。
しかも、守備側のそのプレイの状況によって、審判もそのことを理解しています。

これはまさしく、「公認野球規則・5.09 C アピールプレイ」の中にあるこの条文

本項既定のアピールは、投手が打者へ次の1球を投じるまで、または、たとえ投球しなくてもその前にプレイをしたりプレイを企てるまでに行わなければならない。

これに合致しているのではないでしょうか?

よって私は、守備側が打者走者をタッグアウトによるアウトというプレイを選択し、「アウト」にとった瞬間に、同一プレイヤー対する「アピール」の権利は消滅している。

つまり、先の設問のこの状況、第2アウトは打者走者の「公認野球規則・アウト・5.09 b (4)」によるアウト、第3アウトは一塁走者の「公認野球規則・アウト・5.09 b (4)」によるアウト。
打者走者の一塁空過というアピールは認められない。

「公認野球規則・得点の記録・5.08 a 」の規定により、「得点2」が記録される。

素人の私は、以上のように理解し、そのような運用がなされているものと思っておりましたが、ご回答者様以外の支部でも、そのような運用がなされているのでしょうか?

設定は明快なプレイで、規則の運用の仕方によっては得点にかかわることですので、ご興味のある方いらっしゃいましたら、ご意見お聞かせ下さい。

閲覧数:
107
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vd7********さん

2019/5/523:19:01

あくまで元一プレーヤーの感想です。設問1ですがアピールが必ず認められるという前提が間違っていませんか?守備側からしたら飛び出したランナーをとりあえずタッチアウトにしようとするのは当たり前です。認められなかったらアウトにできるランナーを思い込みでみすみす得点されてしまったことになります。

  • 質問者

    sla********さん

    2019/5/600:17:26

    ご回答、ありがとうございます。

    ご回答者様は、元プレイヤーの立場としての感覚からしたら、守備側のプレイは当然のプレイであり、設問1の回答は、「無得点」だろうと判断される。

    このようなご回答と理解して良いでしょうか?

    プレイヤーからの目線に立ったご回答、非常に参考になりました。

    ありがとうござました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/11 18:39:29

当サイトにご参加の皆様の間では、この設問に対する規則の運用は統一されているみたいです。

お聞きしたかったことに対して、率直なご返答を頂きましたので、BAに選ばせて頂きました。

貴重なご意見、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

don********さん

2019/5/512:08:24

いいえ、設問の「ランダウンプレイ」はアピールの権利を消滅させる「プレイまたはプレイの企て」には当たりません。
本ケースのランダウンプレイは「打者走者が塁を空過するに至った一連のプレイ=オリジナルプレイ」の中で発生したプレイであるからです。

この条文は

「オリジナルプレイ」が終了したにもかかわらずアピールを行わなかった場合には、その違反行為を指摘せずに他のプレイを実際に行うかプレイを企てたとみなされる行為をしたときに、アピールにより走者をアウトにする権利を消失する。

と解釈しなければなりません。


確かに同一のプレイ内であってもこの条文の適用を受けてアピールの期限が消滅するケースは存在はするのですが、それは以下のようなプレイの場合です。
(ここでいう「同一のプレイ内」とは「あるプレイが開始されてからボールが投手の元に戻り次の打者に対峙する状況になるまで、もしくはボールデッドになるまで」の事を指します)

【例】
2死二塁、打者は右中間に落ちるヒットを放ったが一塁を通過する際に空過した。
中堅手の打球の処理が素早く、二塁へ送球したので打者走者は一・二塁間で挟まれたが、タッチをかいくぐられて二塁に到達されてしまった。
二塁手はボールを投手へ帰そうとしたところ一塁手がボールを要求したため一塁へ送球したところ、三塁に達していた二塁走者が本塁へ向けて走り出した。
ボールを受けた一塁手は慌てて本塁へ送球したが間に合わず走者はホームイン。

捕手は改めて一塁に送球し、一塁手は一塁ベースに触球して審判員にアピールした

【アピールの権利が消滅する理由】
このプレイではボールは投手に返送されていないが一連のプレイが完了してからアピールを行おうと送球しているため、ランダウンプレイが失敗に終わった時点をもってプレイは途切れたものとして扱われます。
そこでアピールのために送球しようとしたところ他の走者が動いたのでその走者に対してプレイをしてしまうと「アピールの前にプレイを企てた」という事になってしまうのです。

この場合は慌てず「一塁に触球してから本塁へ送球し、直後に口頭で一塁の空過をアピール」という手続きを取れば打者走者はアウトになります。
そうすれば「第3アウトが打者が一塁に達する前のアウトである」という理由により三塁走者のホームインがアピールアウトよりも先であったとしても得点が認められません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる