ここから本文です

憲法9条に自衛隊を国防軍として明記したら、日米安全保障条約に基づいた集団的自衛...

rio********さん

2019/5/608:07:09

憲法9条に自衛隊を国防軍として明記したら、日米安全保障条約に基づいた集団的自衛権の行使が可能になるのですか?

例えば、2003年のイラク戦争のような戦争が中東で起きるとすると、アメリカの要請に応じて陸海軍を派遣した直接の軍事活動が可能になりますか?

閲覧数:
61
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

thi********さん

2019/5/617:32:34

可能になりますよ。

その通りです。可能になるというのは憲法の条文で可能になるという意味です。可能だから絶対にそうするという意味ではありませんが、道が拓きます。地獄への扉の南京錠を外すということです。本当に地獄へ行くかは、その時に決めるんでしょう。しかし、ロックは解除になります。

自衛隊は今は明文上は、専守防衛の自衛隊です。もちろん、政府は破っています。とっくに。

それで、憲法違反だという批判がすごいんです。政府は耳が痛い。だから、うっとおしい。それで、もう自衛隊を明文に書き込んだらいい、と。そうすれば、自衛隊は戦力ではないと明確になる。

戦力ではないんだし、明文で明確。要は、諸外国の軍隊を同じ。

ということは、憲法9条は死ぬ。終わるんです。

アメリカのように海外で戦争をしまくる軍隊になっていくことに道が拓きます。

とんでもない地獄への道です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cx1********さん

2019/5/710:07:25

安倍自民の改憲論は、前回の日米安保ガイドライン改定に従って、自衛隊を米軍の戦闘に参加できるようにする事が目的です。
その為に「島嶼奪還部隊だ」と言って米海兵隊と同等の上陸作戦能力を持つ水陸機動団を作り、米空母機動団の制空権下で水陸機動団の揚陸支援を行うヘリ空母を装備し、米海兵隊のF35Bに補給できるように甲板を対熱処理した。
更に水陸機動団に半世紀前の骨董品であるAAV7を装備したが、海自にはAAV7を運用できる揚陸艦は無い。
要するに米の戦争で、米軍は損耗率の少ない航空支援と大艦隊による輸送のみを担い、米海軍の揚陸艦に載せられた水陸機動団のAAV7は、米の上陸作戦予定地に運ばれ、損耗率の激しい上陸初戦で橋頭堡を築く役割を担う事になるだろう。
その間の米海兵隊直上支援のF35Bの弾薬・燃料も日本持ちになるという事だ。


ベト戦の発端となったトンキン湾事件、湾岸戦争に大きく舵をきる原因となったナイラ証言、イラク戦争の根拠とされた大量破壊兵器。
全て嘘だったことが明らかになってる。
米国民の間では、こんな大義の無い戦争の為に障害を負ったり、愛する者を失ったりする事が許容されなくなってきている。
米政府は米軍で一定期間勤務すれば外国人にも市民権を与える等、米軍の外人部隊化を進めているが、それでも民主主義のアメリカでは、米兵の犠牲が増えれば政府は戦争を継続できなくなる。

損耗率の激しい歩兵を自衛隊から派遣出きるようにする事で米軍の損害を少なくし、戦争を継続できるようにしたい。
しかし9条が邪魔。
だから改憲させたい。


その上で、現在人口減少に伴い自衛官のなり手が不足しており、普通科の8割は全滅状態か、又は僅かな損害を受けただけで組織的戦闘継続不能状態(全滅)に陥ると言われている。
見かねた防衛省は昨年10月から自衛官の採用年齢の上限を26歳から32歳までに引き上げた。
しかし米の戦争に駆り出されて自殺者(戦死者と言われている)が激増すれば、志願者は更に減るだろう。
そしてある一定を超え、日本の防衛に支障が出ると判断されれば徴兵制を採るしか無くなるでしょう。
石破も徴兵制は可能と言っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lne********さん

2019/5/617:23:55

>日米安全保障条約に基づいた集団的自衛権の行使が可能になるのですか?

日米安全保障条約に基づいた集団的自衛権の行使は、すでに可能です。

知らなかった?

plu********さん

2019/5/616:35:18

集団的自衛権は持っているが行使できない、この原因が9条2項の交戦権の否認から来ていますので

自民の改正案通りなら、9条の2 前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。

となり集団的自衛権の行使も法的に是認するのでは? 前条の規定は、自衛の措置を妨げずという文言がありますから。

改正すれば片務的な軍事同盟ではない、相互的な軍事同盟に発展するんじゃないですかね?

何時までも片務的な同盟に、アメリカが応じてくれるとも思いませんから 自衛隊の皆さんには大変だと思いますが

日米同盟を解消しては国が危ういので、是非とも9条改正をお願いしたいですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sof********さん

2019/5/608:20:41

もともと、国連憲章は集団的自衛権なのにね。

個別的とか集団的とか分けるのがおかしい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる