ここから本文です

源実朝亡き後の将軍。 「幕府側が、後鳥羽天皇の子を将軍家の養子として望んだ...

プロフィール画像

カテゴリマスター

oob********さん

2019/5/706:53:30

源実朝亡き後の将軍。

「幕府側が、後鳥羽天皇の子を将軍家の養子として望んだが、後鳥羽天皇が拒否」と何かの本で読んだと思っていたのですが、本郷和人さんの『考える日本史』によれば、「

後鳥羽天皇が子を将軍家に入れようとしたが、幕府側が拒否」となっています。

現在は、どちらが主流ですか?

閲覧数:
27
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

knz********さん

2019/5/708:14:29

実朝がまだ生きていた時、北条政子が上洛して、実朝の子がなかったので、後鳥羽上皇の皇子を次期将軍との内諾を得ました。
実朝が暗殺された後、この内諾に基づき、幕府な皇子の東下を求めましたが、上皇は拒否しました。これは厳たる史実で、中世史研究者なら常識です。本郷和人は歴とした中世史研究者(史料編纂所教授 大日本史料第5編担当ー鎌倉時代)で、あなたのおっしゃるようなことは述べていませんが。

  • 質問者

    oob********さん

    2019/5/709:28:48

    回答ありがとうございます。

    読み直してみたら、「後鳥羽の孫が皇位に就くことを、幕府側が拒否」でした。

    お騒がせしました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/7 19:55:16

朝からお騒がせしました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる