ここから本文です

何でラスベガスじゃなくてマカオが世界一ギャンブルが盛んな都市になったんでしょ...

メガロさん

2019/5/1220:26:06

何でラスベガスじゃなくてマカオが世界一ギャンブルが盛んな都市になったんでしょうか?
普通にラスベガスはギャンブル以外にもエンターテイメントが盛んですけど。
マカオに負けた原因がよくわかりません。

閲覧数:
30
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sakanasanさん

2019/5/1223:30:03

ラスベガスがマカオに追い抜かれたのはカジノ売上ですね。

地域の広さ、ホテルやエンターテインメントの充実度、ショッピング。どれをとってもマカオはラスベガスに遠く及びません。

現地に行けばわかるように、マカオは明確なラスベガス下位互換で、ショボいなという言葉すら浮かんできます。

ではなぜカジノ売上はマカオが上回ったのか?

カジノの売上利益率は約3%。ごくごく低い。
もちろん、これは一回賭けを行った場合で、何度も賭けを繰り返せば、都度3%確実に取れるのでカジノはボロい商売でもあります。

ポイントはこの売上利益率3%で1億円売り上げても、お客さんのもとに9700万円は返ってくる。例えば、ルーレットですべての目にかければお客さんには確実に9700万円が返ってくる。確実にだ!

さて、仮にあなたが共産党の何やらのご子息で、国有地の払下げや、胡散臭い内部取引や、そんなこんなで、10億円を不正な手段でゲットしたとしよう。嬉しいことだが、見つかれば公安に逮捕されて牢屋行きのまっ黒なお金。

それをあの手この手で、今はなき金正男なんかとも連絡をとりつ、10億円をマカオに運び、いや実際は運ばなくても良いかもだけど、兎にも角にも10億円を賭けて9億7000万円をゲットする。それが、どのような経緯で9億7000万円になったか、誰が証明できるだろう。970万円を100倍にしたのかもしれない。しかも、マカオは別の国的な存在。

かくしてダーティーマネーはクリーンなお金に生まれ変わり、マカオのカジノ売上は跳ね上がったのでした。めでたしめでたし。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ニノさん

2019/5/1221:08:05

その数字は何の比較なの?

カジノ収入ならエンターテイメントは入らないので。

rtj********さん

2019/5/1221:07:51

マカオはすぐ近くには中国に住む成金が
ウジャウジャいるからです。
それに比べたらラスベガスは陸の孤島です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる