ここから本文です

以下のヤフーニュース(毎日新聞)の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。

sle********さん

2019/5/1314:01:49

以下のヤフーニュース(毎日新聞)の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000001-mai-soci (毎日新聞 福島第1原発処理水、長期保管も選択肢 政府、処分法検討 5/13(月) 6:01配信 毎日新聞)

『事故を起こした東京電力福島第1原発でたまり続ける汚染を浄化した処理水の処分方法について、政府は、タンクでの長期保管を新たに検討する。これまで「海洋放出」など五つの処分案を検討してきたが、国民の間には外部への放出を懸念する声が強く、実現性を議論する必要があると判断した。経済産業省の有識者小委員会が来月にも、長期保管を含む六つの方法から絞り込む議論を始める。

【汚染水処分の方法とメリット・デメリットは…】

政府関係者への取材で判明した。処分方法は有識者小委の検討を踏まえ、最終的には政府として決定する方針だ。

ただし処分方法については有識者の間でも意見が分かれる。また政府内には、2020年の東京五輪・パラリンピックを前に処理水の行方に注目が集まり、風評被害が顕在化することへの懸念もある。このため、政府がどの案を選択するか現時点では見通せない。

事故で発生した汚染水に含まれる放射性物質のうち、放射性トリチウムを取り除くことは技術的に難しい。処理水の処分では風評被害も懸念され、小委で16年から具体的な方法を検討してきた。

政府関係者によると昨年の公聴会で長期保管を望む意見が多数寄せられ、「タンクでの長期保管」を選択肢に加えることになった。

国の計画では、処理水の処分を含む廃炉完了は11年の事故から40年後の51年で、長期保管案では保管できる期間や量、放射線量の低減効果を議論する。一方、タンクは20年までしか増設予定がなく、容量の限界に近づけば汚染度の低い処理水から、少量ずつの処分も検討するとみられる。

経産省幹部は「タンク容量にも限度がある」と有識者小委の議論を加速させたい考えだが、政府内からは「官邸内部ですら処分方法の賛否が分かれる問題だ」との声も上がっている。

処理水処分を巡っては昨年、ストロンチウム90など浄化装置で除去可能な一部の放射性物質が国の排水基準値を上回って残留していることが発覚。「議論の前提が崩れた」と国民から批判が相次ぎ、小委の議論が長期化していた。【鈴木理之】』

① 『海洋放出』案は、白紙になったのですか?

② 『2020年の東京五輪・パラリンピックを前に処理水の行方に注目が集まり、風評被害が顕在化することへの懸念』とは、具体的にどう言った懸念ですか?

③ 『放射性トリチウムを取り除くことは技術的に難しい』のは、大枚叩いて導入したALPSが役に立っていないんですね?

④ 『処理水の処分を含む廃炉完了は11年の事故から40年後の51年』とは、楽観的すぎませんか?

⑤ 『官邸内部ですら処分方法の賛否が分かれる問題だ』とは、安倍首相と他の閣僚で見解の違う、いわゆる『閣内不一致』ではありませんか?

⑥ 『ストロンチウム90など浄化装置で除去可能な一部の放射性物質が国の排水基準値を上回って残留していることが発覚』したのは、不味かったですか?

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2019/5/1422:57:31

① 『白紙に戻った』とは解釈できないと思います。別の案が加わったと考えておくべきでしょう。官邸は国民を騙すのが上手だからです。

② 安倍総理の『アンダーコントロール』発言の嘘が話題になることを避けたいのでしょう。

③ ALPSにはもともとトリチウムを取り除く能力は備わっていないのです。トリチウムを取り除くにはさらに別の装置が必要だと思います。トリチウム除去は不可能ではないはずです。

④ 廃炉完成は『めどの立たない日程』です。100年かかると思っています。

⑤ 官邸内部の思惑は国民からかけ離れたものです。閣内不一致とは言えないでしょう。国民は騙されないように気を付けるしかありません。

⑥ 官邸にとって、『非常にまずかった』ことでしょう。それが海洋放出の方針を引っ込めた原因なのではないかと思います。もう報道されてしまったのです。ゴマカシが出来ないからです。

質問した人からのコメント

2019/5/18 10:33:46

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/5/1319:11:05

① 『海洋投棄案』は一応は、白紙に成ったと理解しております。

② 東京オリンピック・パラリンピックの会場に来てくれるか如何か分からなく成り、日本産の農水畜産物の輸入を控える国が増えるかも知れないと言う『風評被害』が蔓延する懸念と思うのであります。

③ ALPSは役立たずの金食い虫で在った事は明白であり、超猛毒核種のトリチウムを除去出来ない浄水器には、多額の公金や電力料金から出して無駄遣いしてくれたなあ、と言う反感しか憶え無いのであります。

④ イギリスの無事故機の廃炉期間は90〜110年掛かると言われており、事故機をたったの40年で出来るとは思えないのであります。

故に、楽観的過ぎるとの御指摘は当然であると思うのであります。

⑤ 官邸内部ですら処分方法が分かれるのは、安倍首相と他の閣僚や内閣官房の間で意見が統一されない事は、明らかに『閣内不一致』と言われても仕方ないのであります。

⑥ 不味いですね。

猛毒核種のストロンチウム90が排水基準値を上回って残留している事は、トリチウムを濾過出来無い事と共に非常に不味かったと言わざるを得ないのであります。

① 『海洋投棄案』は一応は、白紙に成ったと理解しております。

②...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる