ここから本文です

進化論について質問です。 突然変異、環境選択が続いていくと、環境に適した生物...

yil********さん

2019/5/1417:56:38

進化論について質問です。
突然変異、環境選択が続いていくと、環境に適した生物一種類だけが残ってしまうのではないでしょうか。
この疑問を解決したいです。

補足1環境に一種類だけということです。

閲覧数:
91
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

txr********さん

2019/5/1513:17:55

>1環境に一種類だけということです。

じゃあそいつは何を食べて生きているの?w

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

den********さん

2019/5/1700:21:38

植物しかいない環境では、それに近いことが起きてるよね。
例えばセコイアの森林とか、高原の白樺の林とか環境に適応した木が一帯を占拠するように生えている。

しかし、大きく見るとそうだけど、木の下には他の植物、低木や草花が生えている。

これらは同じ環境でも大型の木が使う場所より低い場所を占有することで生き延びられる。
大型の樹木はそれほどの密度で生えることが出来ないからね。
どうしても隙間が有る為、その隙間に別種が入り込んできてしまう。
そして、草などは成長速度が速いため、樹木の若木より早く成長することが出来る。
一端大きくなられれば勝てないけど、春の種からの成長速度なら勝てる。

そのように、ここは勝てる、ここは負けるといった隙間が多く存在するため、その隙間に適応した種が一つの環境内に複数いるという事になるんだよ。

実際には、ここに昆虫やら色々な動物が同じように棲み分けを行い生きている。

イナゴの大発生の様に一時的に一種類が大量に増えても、結局エサの問題でその種は数を減らすしかなくなるんだよ。
すると、その隙間に別種が入ってくるということさ。

hin********さん

2019/5/1615:08:35

なんで一種類やねん ・_・、

要は突然変異、環境選択が続いて、ある種の確率で現状ができていると思ってください。

アインシュタインは「神はサイコロを振らない」と言いましたが、量子論でそれはほぼ否定されています。

そう、神はサイコロを振るのです。

つまり、現状できている環境は、神が振った無限に近い面を持つサイコロの結果なんです。

地球上の総種数は大体500万~3,000万種と言われていますが、たまたま偶然1種類の場合もあるでしょう。地球上に初めて生物が宿った時がそうなのかもしれません。

ですので、必ず1種類になるとか、22,475,489種なるとか、決まっていません。

それは神でさえわからないのです。神はサイコロを振って出る目がわかんないのです。

ただ、突然変異、環境選択が続いて、1種類となる確率は、2種類以上の生物になる確率より低い!!!

これは神でなくても、あなた以外の人にはみんなわかっているというでしょう。

eit********さん

2019/5/1421:54:58

たとえば、商店街を思いうかべてもらえれば分かりやすいと思いますが、ひとつの商店街に、八百屋と魚屋と肉屋が並んでいれば、競争にはなりません。

競争が生じるのは、同じ商店街に、二軒の八百屋が並んでいるような場合で、この時には競争が生じて、どちらか一方の八百屋が残り、もうひとつの八百屋はつぶれます。

自然界もこれと同じで、ひとつの環境の中にも、花の蜜を食べるチョウや、木の汁を吸うセミ、葉を食べるハムシ、それらの虫を食べるカマキリといった具合に、生態的に異なる様々なポジション(ニッチ)がたくさん存在するので、ひとつの環境の中にも、多くの種が同時に生息できる、という事になります。

また、同じチョウの仲間でも、幼虫がカタバミの葉を食べるヤマトシジミ、スミレ類の葉を食べるツマグロヒョウモン、カラタチなどの葉を食べるナミアゲハといった具合に、少しずつニッチをずらすことによって、同じ地域の中でも何種類ものチョウが共存できます。

競争(競合)が生じて自然選択がはたらくのは、(八百屋と八百屋の場合のように)あくまでも同じニッチの種どうしの場合です。

…ひとつの環境の中にも、たくさんのニッチが存在するので、ニッチが異なる種の間では(八百屋と魚屋と肉屋のように)競争はおきずに、同時に共存が可能である、という事です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

h_e********さん

2019/5/1418:13:32

一種の生物ですべての環境を独り占めにできるわけもない。それって、どんだけオールマイティーな適応なんだ? みんなそれぞれ得手不得手があるわけで、どんな環境にでも一等賞をとるなんて化物はいない(ひょっとしたらヒトがそれ?)。
生物学用語で「棲み分け」っていうんだわ。

それに一種だけ残ってあとどうするの。食物連鎖が成り立たない、食うものがない、共食いでもするのか?
生態系では特定の動物種が増えたり減ったり変動することはよくあります。
シカが増えてくると、それを獲物にするオオカミの食料が潤沢になってよく繁殖する。
オオカミが増えてくるとシカがやられて減ってくる。
シカが減ると食料が乏しくなってオオカミが減る。
オオカミが減るとシカが増えてきて最初に戻るみたいに。

生態系は生物同士のバランスから成り立っているので、特定の種だけが突出して増えるなんてことはできません。短期的にそう見えても長い目で見ると平衡を保っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

len********さん

2019/5/1418:04:08

地球は変化の大きな惑星で、同じ環境が長く続くことが無かったということがあると思います。また、同時期でも各地の環境の違いは大きく、それが種の分化を促すことになったということも考えられます。
それから、二ッチがありますから全くの一種類ということにはならないと思います。非常に単純な生態系になることは予測できますが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる