ここから本文です

狛犬、灯篭は仏教伝来時に日本に来たとある本で知りました。この狛犬、灯篭は 明...

rts********さん

2019/5/1421:26:03

狛犬、灯篭は仏教伝来時に日本に来たとある本で知りました。この狛犬、灯篭は
明治初期の廃仏稀釈でなぜ対象にならなっかったのでしょうか。

また、この二つは現在神社に多くあり寺院に少ないのはなぜでしょうか。

閲覧数:
17
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man********さん

2019/5/1512:37:53

祭神ではないし、仏教の要素でもないからです

狛犬は中東・アフリカに起原があるとされ、ライオン又はスフインクスがモチーフとされます
それが欧州やアジアに伝播して、中国で獅子と習合して狛犬です
中国から伝播した東南アジアのマーライオンも有名です

東南アジア、中国や朝鮮の狛犬は仏寺に限らず、王宮や巨大建造物、貴族の自宅などに置かれてます

日本で狛犬は神社仏閣限定ですが、特に仏教だという意識は普通持ってないはずです

狛犬の代わりに、狐、白鳥などの場合もあります


仏寺は仁王などが仁王門に配置されてますが、仁王や四天王の役目は狛犬と同じで、本尊や建物の守護です

その為、狛犬を省いて、仁王や毘沙門天などがある場合も結構あります。
逆に、両方置いているお寺も多いですが


神社の随神門は、仁王門を真似たものですが、殆ど無いので、狛犬が省かれているケースが少ないのだと思います


また灯籠は、ゾロアスター教由来です
仏教とは関係ない

しかし、全ての宗教に強い影響を与えており、ユダヤ教・キリスト教への影響は甚大です

神社も仏閣も沢山おいてます
いろんな形のものがありますので、あなたが灯籠だと認識してい無い形状のものが仏寺に多いのではないですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる