ここから本文です

御朱印は神社とお寺と分けた方が良いの

dsh********さん

2019/5/1423:16:01

御朱印は神社とお寺と分けた方が良いの

閲覧数:
23
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2019/5/1516:03:58

みなさんがおっしゃる通りですが、神社とお寺で分けた方が無難でしょう。
神仏習合の考えが長い間あったのも事実ですし、日本人特有の寛容性のある宗教感からもそんなに神経質になる必要はないかもしれません。
ただ実際に神社とお寺が混じっているご朱印帳にご朱印を断る寺社があるので、お互い嫌な気分になるのを防ぐ意味でも、寺社でご朱印帳を分ける気配りも必要です。

寺社に参拝して気持ち良く帰りたいですね。

質問した人からのコメント

2019/5/15 20:25:41

ありがとう、こざいます。
御朱印帳を分けて使いたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2019/5/1508:17:11

御朱印は、神仏と一切関係がない

ただの記念スタンプ

どのように分けるかはあなたの気分次第

たまに勘違いした寺社が、分けるように言ってくることがあるらしいが、正直いって、寺社側もあまり賢くない

レベルの低いのも居る

suk********さん

2019/5/1506:16:43

分けないと、朱印所で注意されたり、印を頂けないこともあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tok********さん

2019/5/1501:44:20

先の回答者様が述べておられますが、1000年は神仏習合でしたので、実際は気になさらなくてもよいのです。住職の友も、神棚をお祀りしています。

が、廃仏毀釈によって壊された仏像や、寺の宝とするものが焼かれたりした大変残念な歴史もあり、お寺の住職によっては、神社の御朱印がある御朱印帳をお断りされるところもあるようです。知人はそれまで一冊に両方いただいていましたが、千葉県鋸山の首のない石仏を見た時から分けたと言っていました。
はっきりお断りする住職はそう多くないと思うのですが、お気持ち次第かと思います。

ちなみに廃仏毀釈は明治時代とされていますが、実際は江戸後期に、武家政権をなくそうとする尊王攘夷はふつふつと燻っていましたので、小規模ながら行われていたようです。

https://shinto-bukkyo.net/bukkyo/%E4%BB%8F%E6%95%99%E3%81%AE%E7%9F%...

kaw********さん

2019/5/1500:03:55

結論>どっちでもいい

一部には分けるべきという人もいますね。多分神を認めない宗派なんでしょうね。

どっちでもいい理由
①元々日本は千年以上も神仏習合で神仏(かみほとけ)の世界だから。
明治時代に「徳川が寺を重視し神道をないがしろにした」という根拠のない理由で、しかも特に基準も無く神仏分離令を出したことで分けたが、完全に失敗している。
②もともとご朱印は一枚のものでノートではない。
納経や財産などを寄付した人に対し発行するものです。従って一枚の証書。
朱印帳は一杯になったら小分けにして掛け軸や屏風、額に仕立てて飾るものです。
従ってわざわざ分けて集める必要もない。

分けるべきなんて言ってる人は朱印の歴史も意味も、扱いも知らない最近の流行でしかやらない人でしょうね。
流行でしかないなら、流行に乗ればいいし、そうでなければ基本のやり方でやればいいだけ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる