ここから本文です

固定資産税は土地の広さと建物の仕様どちらが高く付きますか?

ill********さん

2019/5/1510:54:33

固定資産税は土地の広さと建物の仕様どちらが高く付きますか?

閲覧数:
58
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iid********さん

2019/5/1512:34:55

居住用宅地の場合、200平方メートル以下の宅地の固定資産税は1/6に減額されます。

建物は建築価格の50%から70%が評価額になりますので、建物部分による固定資産税の方が大きなウエイトを占める事になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/5/1514:30:48

土地と建物の評価は別です。
建物は新築後に、役所が行う家屋調査に基づき課税標準を算出するもので、当該建物を再度建てた場合に必要と思われる価格を計算するものです。
また、土地については下記サイトで推計して下さい。
なお、宅地・建物の軽減措置は次のとおりです。
建物については、新築後の3年間床面積120㎡分までを半額とする制度があります。(認定長期優良住宅及び3階建ては5年間)
土地については、その土地に建物があると200㎡まで6分の1、200㎡を超える部分に対しては3分の1に軽減されます。
そして、税金は毎年1月1日に土地や家屋を所有している人に課せられ、軽減措置も同様です。
https://www.chikamap.jp/chikamap/Portal?mid=216

adr********さん

2019/5/1511:03:13

小規模土地は1/6減額、一般土地も1/3減額のため、土地の方が減額要素は多い。
建物は木造2階は3年間、3階以上の耐火ならば5年間半額。

長期的には建物の方が高くつくはず。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる