ここから本文です

卓球の練習メニューについてです!

s5t********さん

2019/5/1519:49:05

卓球の練習メニューについてです!

高校生の卓球の練習メニューはどのようなものがいいでしょうか?
うちの部活には中学からの経験者が男女1人ずつ
高校生から始めた人が7人くらいです。
うちの学校の卓球部のレベルは低いほうだと思います。。。
この通り人数は少ないですが、先輩が引退し、使えるスペースが増えたことからしっかりと練習メニューを組んで部活をしようと思ってます。

フォア、バック、フォアツッツキ、バックツッツキ、オールツッツキ各5分を基礎練とし、それに加えて日替わりで3球目練習やサーブレシーブ、多球練をしようと思います。が、なかなか良いメニューが思いつきません。どのような練習メニューがおすすめでしょうか?ご回答よろしくお願いしますm(_ _)m

閲覧数:
48
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nem********さん

2019/5/1620:47:10

まずはベースの体力強化が必要でしょう。

卓球は常に中腰をキープするので、単純に脚力を強化するだけでプレーが安定します。

外での軽めの持久走と10mダッシュ往復とか。

ベースの持久力と瞬発力がなければ、いくら台での練習しても先がありません。

卓球の試合はほとんど1日で決勝まで行います。

体力がなければ、初戦で使いきって終了です。

初心者が多いならいきなり台での練習よりも、多球練に耐えられる脚力強化が先です。

  • nem********さん

    2019/5/1815:00:02

    皆さんの意見が台での練習によっているので、私は省きます。
    台での練習は皆さんの意見を参考にしてください。

    最近は道具が劇的に向上しているので、ある程度の事は初心者始まりでも1~2年で形になると思います。

    ただ、忘れてはいけないのは道具はあくまでも身体能力の補助です。
    身体能力の限界以上の威力は道具だけでは出ません。

    台でのテクニックは確かに必要ですが、卓球は思った以上に全身運動で、持久力、瞬発力、集中力が必要です。

    下半身の強化を怠ると、腕だけでどうにかしようとしてしまいます。

    下半身強化は地味できついので嫌煙しがちですが、自力を上げたいなら積極的に行うべきです。

    例えるなら、野球のピッチャー。
    威力の高い球を投げる選手は下半身が安定しています。

    卓球の運動エネルギーは、下半身から腰、そして腕と連動していきます。

    体幹ブレブレではクオリティの高い返球はきついはずです。

    ベースの身体作りは重要です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

n27********さん

2019/5/2111:37:37

ストレッチ→サービス→基礎練→多球(フットワーク系)ですね。

hig********さん

2019/5/1808:54:11

>>>高校生から始めた人が7人くらいです。

①練習前に正しいフォームで素振りをさせてください。素振りが終わった後に息がはずむ程度の強度で。フォア100回、バック100回。フォアバック交互に100回。

②フォア、バック、フォアツッツキ、バックツッツキ、オールツッツキをマスターさせたら、

次はサーブをストップ、サーブをフリック、サーブをチキータ、3球目フリック、3球目チキータ、3球目攻撃(少し甘いボールを出す)、ツッツキ打ち、カット、カット打ち、フィッシュをスマッシュ、ロビングをスマッシュなどをマスターさせて下さい。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mae********さん

2019/5/1619:09:36

1.
まず、基礎練に「サービス練習 5分」を追加しましょう。

弱小校であれば、サービスはなおさら重要な技術です。
サービスが強いだけで、同等レベルの学校への勝率は飛躍的に上がりますし、少し格上の学校にも、勝つチャンスが十分に出てきます。

また、サービス力は、フォアやツッツキなどの技術力とは関係なく、高められますから、ラリーが得意でなくとも、試合で勝ちやすくなります。

その上で、サービスの技術を高めるには、日替わりの課題練習ではなく、毎日の練習です。
毎日5分だけでもやるだけで、まったく違ってきます。
単なる「格好だけ」のサービスから、サービスの基本が分かるようになります。


卓球のサービスの種類は、右横、左横、上、下、ナックル、さらに言えば、横上や横下、ロングサービスやショートサービスなど、言い出せばたくさんありますがが、同じサービスを5分間出し続けるのも飽きますので、週替わり(あるいは日替わりでもいいけど)で、2個やってもいいでしょう。
今週は、「右横2分半、下回転2分半」みたいに。

最初はうまい人の見よう見まねで良いですし、サービスを扱った動画もありますから、それを参考にしても良いでしょう。

2.
フットワーク練習を必ず入れること

フォア→フォアミドルを往復、もしくは、↓の方が書いているような、足を動かす基本のフットワークだけでなく、

バックツッツキ→フォアで回り込みドライブ
フォアドライブ→フォア強打

のように、「技から技への動き(繋ぎ)」を、普段からやっておかないと、実際に試合で使えるようになりません。


3.
試合練習を入れる
いくら練習をやったところで、実戦に勝るものはありません。
できれば、1日1試合。難しければ、1ゲームのみでも良いでしょう。


あとは、これらを組み合わせて練習を組めばよいでしょう。

メニューの例が欲しいのであれば、全体の時間なんかがあると、アドバイスしやすいと思いますよ。

ons********さん

2019/5/1521:37:34

バック→ミドル→バック→フォアで(^_^)

バック→ミドル→バック→フォアで(^_^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる