ここから本文です

裁判員制度が導入されてから、裁判員と裁判官に、結果的な冤罪判決を下され、長い...

lon********さん

2019/5/1610:59:27

裁判員制度が導入されてから、裁判員と裁判官に、結果的な冤罪判決を下され、長い間無実で投獄された冤罪被害者が、本恨みで、裁判員に報復する事件も出てくる可能性があるのではないのでしょうか。

それから、わずらわしいと思ったり、他人の人生を左右する責任や、被告に恨みを持たれるのを嫌がって、裁判員に選ばれても、無断欠席する人々が3割超になっているのではないのでしょうか。

私がトップになれば、嘘発見機も内蔵された、厳正・公平・中立な人工知能AI裁判ロボットを導入しますがね。

開発されればね。

閲覧数:
87
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2019/5/1612:42:24

お前がトップになることはないから要らぬ考え。全く論外な的外れだしな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ggz********さん

2019/5/2307:47:25

nkn********さん

2019/5/1814:40:24

そもそも裁判員裁判をする本当のねらいは冤罪の防止だと思います。

権限の強い裁判官を心理的にけん制することで審理を慎重に行わせる目的があると思います。

自分だったら日当5円以上だったら行く気になるかも。

はっきり言って茶番ですね

omo********さん

2019/5/1612:20:40

判例AIの開発が始まっています。

どう使われるかは知りませんが。。

aki********さん

2019/5/1611:14:39

二審三審があるのにか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる