ここから本文です

中国ではかつて、本名を呼ぶのは良くないため、人を呼ぶための字と死後つける諱が...

cim********さん

2019/5/1702:23:55

中国ではかつて、本名を呼ぶのは良くないため、人を呼ぶための字と死後つける諱がありました。(例・姓は諸葛、名前は亮、字は孔明)では、字と諱はいつ頃からあって、いつ頃無くなったのですか

閲覧数:
66
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yui********さん

2019/5/2217:57:12

死後つけるのは諡ですね

字は通称で、自分で好きに名乗れるものです

諱は親か主君から与えられる名で、自分で勝手に変えることは出来ません
諱を知られる・呼ばれるということは、相手への隷属を意味します

諱は宗教的意味合いが強いので、中国でも民族によっては使っていません
日本に流入したのは遣唐使以降です

いつ頃からか…

周代の召公奭という人は高官ですが、字がありません
王族ではなく、字もないならこの頃は本名として普通に用いていたのかもしれません
その後の秦代にはすでに字文化があるので、周〜戦国時代〜秦の間にそういう文化が浸透したのかなと推察します

字自体はつい数十年前まで用いていましたよ

  • yui********さん

    2019/5/2218:17:26

    日本でも、昔は通称使ってる人いました
    本名は「ヨス」→「ヨシ子」
    「留夫」→「宗一郎」(全然違う笑)
    「セツ子」→「雪子(ゆきこ)」
    理由は、「本名が格好悪いから」だそうな

    郵便は普通に届くし、公的書類除けば日常生活では不便なかったようです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nos********さん

2019/5/2212:56:15

今ではどうか知りませんが、二世代くらい前までは字を付けていた人は結構大勢いたのではないかしらん。毛沢東の字は潤之ですし、蒋介石の「介石」は字で本名は「中正」です。

boy********さん

2019/5/2120:42:21

死後につけるのは諡(おくりな)。諱(いみな)は生前の本名です。
字は礼記に記述があり、諡は殷の末期の人には与えられています(紂王など)。
残念ながらそれ以前のことになると容易にわからないと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる