ここから本文です

「部落」って、何ですか。

mel********さん

2019/5/1809:50:26

「部落」って、何ですか。

閲覧数:
72
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sib********さん

2019/5/1921:20:00

被差別部落の略称ですよ。

携帯電話を携帯と言うのと同じ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

shi********さん

2019/5/2016:51:04

①集落の意味。現在でも田舎の高齢者などは集落のことを「部落」と言ったりします。この場合、部落という言葉には差別意識などなく、ただ単に集落という意味で使われます。後述する被差別部落とは全く別ものの意味になります。

②被差別部落の意味。かつての賤民身分であった穢多や非人、その他の賤民身分の人々の集落をさす。しかし非人身分は明治になって解体されたことが多いので、主に穢多身分の集落をさす。全国各地にあり、現在でも様々な差別問題が残されている。被差別部落は江戸期にはその生活は比較的豊かであり、百姓が飢饉で餓死し子どもを間引くなどし人口が停滞・減少する中、被差別部落では子どもを間引くことが少なく、人口も江戸期を通じて増加しています。被差別部落の主な生業は、地域によって多様であるが、主に江戸期には皮革業、農業などをしていた。明治になって特権がなくなると、その生活は困窮していった場合が多い。被差別部落=貧困に陥っていったのは主に明治時代以降のことです。我が家も被差別部落ですが、我が家は江戸期から農業に従事しており、明治期には田畑一町に山林を所有する自作農家でした。全国の被差別部落の殆どが小作や日雇いなど生活の安定しない仕事をしていた中で珍しいことであったと思われます。が、これは我が家に限ったことではなく、我が家がある被差別部落やその近在の被差別部落では珍しいことでもなく、江戸期から農業を生業としていたため、土地を持っている被差別部落の人々が多く、多いところでは田畑十数町所有し明治後期から村長や村議会議員などを歴任した被差別部落の地主の家もありました。我が家は中農程度の被差別部落の農家であり、戦前から奉公人を雇っておりました。また屋敷は敷地200坪程に庭に池を造り、敷地内に祠をたて、家屋は瓦葺2階建ての大きな造りで、蔵には鎧があったと本家の祖父が話しておりました。このように被差別部落であっても地域によって生業や生活などは全く異なっており、一概には語れません。

hit********さん

2019/5/1810:00:11

最小自治集団。現在ではほぼ使われない括り。現代風に言い換えると町内会。

thi********さん

2019/5/1809:56:10

民家が一かたまりなった、割合に小さな地区のことです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる