ここから本文です

改正民法における詐害行為取消請求につて、教えてください。 424条の3に「債権者...

qth********さん

2019/5/1821:40:49

改正民法における詐害行為取消請求につて、教えてください。
424条の3に「債権者は、その債権が第1項に規定する行為の前の原因に基づいて生じたものである場合に限り、同項の規定による請求をするができる」という新

たな条文があります。
その条文に対する改正趣旨は、「行為の前の原因」について規定したが、実質的には、従来通りである。債権が発生していなくても、その発生の原因があればよいという解釈があって、その「債権が発生していなくても、その発生の原因があればよい」はどういう意味ですか。

閲覧数:
12
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

JR-300さん

2019/5/1911:42:04

詐害行為取消権については、ご存知かと思いますが、原則として、その被保全債権が発生する前の詐害行為については及ばないものです。
しかし、これを完全に貫きますと、請負業務のように仕事が完了してから発生する債権については、適用できなくなります。
具体的には、請負業者に家を建てるように頼んでいた人が財産をすべて詐害目的で贈与した後に、家が完成した場合です。
このような場合、家が完成しないと請負代金請求権が発生しませんが、家が完成するのがわかっているのに詐害行為をされたにもかかわらず、債権発生以後の行為しか取り消せないというのは失当ですよね。
このような場合には、請負業者を保護すべきであるから424条が適用されるというものです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる