ここから本文です

茶道の免状申請料について。 5年ほど茶道(表千家)のお稽古に通っています。 先生...

アバター

ID非公開さん

2019/5/2000:29:11

茶道の免状申請料について。
5年ほど茶道(表千家)のお稽古に通っています。
先生より免状申請のお話をいただいていますが、とても金額が高く迷っています。
今回は唐物の申請になるため30万

円と言われています。
この金額は平均的でしょうか。
ちなみに過去の免状申請料は以下の通りです。

・入門、習事 6万円(合計)
・飾物 8万円
・茶通箱 10万円

補足御礼は含まれていません。
御礼の金額も個人に任されています。

閲覧数:
198
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ken********さん

2019/5/2114:59:10

私は表千家の決まりや慣例については全く存じませんが、古くから日本の習い事・芸事の世界では家元から何段階かの免状・許し状等を頂く場合にはそれを取り次いで下さる先生(通常は現在習っている先生)に家元に差し上げる挨拶料と同額程度(先生によって半額位から倍額位)の謝礼を差し上げているようです。

見方を変えれば、茶道の世界では、一つ上の段階のお点前を習うことを家元に申請して許し状を頂く際に家元に納めるお金が夫々の流儀の規定する許状挨拶料で最近は公開されている流儀もあるようですが、実際にそのお点前を伝授してくださる方は許状を取り次いで下さる先生ですから(正式には引次式でその先生がお願いした後見の先生立ち合いで伝授される場合もあるそうですが)実質的にはその先生にこそ伝授の謝礼を差し上げるべきなのかも知れません。
この謝礼は当然日常の月謝とは異なる性格のものと考えるべきでしょう。

入門当初はこのような出費がある事は知らされていない事が多いようですから突然上の段階に進むのに許状を頂く必要があり費用はこれ位と説明されて驚く方が多いかと存じますが、ここで上の段階に進もうと意欲的になる方とこれ以上お金がかかるならやめておこうと消極的になる方とに分かれる結果になる事が多いようです。

多分、この問題は現時点では(どの流儀でも)茶道の奥を極めたいと望んでおられる方が避けては通れないものではないかと存じます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/5/2601:33:50

    ご回答ありがとうございます。
    私は正直極めたいわけではありません。
    免状申請を断ると先生の態度が豹変する場面を何度も見ているので、少し気が引けてしまいます。
    先生は免状を強要しているわけではないと言っていますが、免状を断ると他の弟子たちに悪口を言い、LINEでもネチネチとお説教をします。
    今回の申請を迷っているのは、先生への尊敬の気持ちが足りないからだと気づきました。
    ご助言を参考に申請を検討します。ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tok********さん

2019/5/2013:34:39

下記に出ていますね。
教室によって、お礼や引継ぎの際の水屋料などがかかります。
それらの費用は先生次第です。

わたしは家元に送る金額(先生の取り分も含め)と、
お月謝とは同額程度と考えるのがいいと思います。

ですから、せっせと休まずに通って、早くお免状をいただくのが、
少しでも安くしたいときの心がけだと思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/katsuranotsuki/41050601.html?__ysp=6KGo5Y...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる