昨日電話で突然退職送別会のことを言われました。 就業規則もないし、定年のことも言われたことはありません。 これは解雇で、解雇予告手当を請求できますか? 退職金は出るそうです。

昨日電話で突然退職送別会のことを言われました。 就業規則もないし、定年のことも言われたことはありません。 これは解雇で、解雇予告手当を請求できますか? 退職金は出るそうです。

労働問題42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

労働基準監督署へ行きましょう ブラック企業とは労働基準法を守らない会社です、 フロント企業とは暴力団に人件費取られている会社です、それがばれると背任罪になるので経営者は違法命令を労働者にして警察署や労働基準監督署にいきにくくします http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/viewContents?lawId=322AC0000000049_20160401_427AC0000000031#N 第九章 就業規則 (作成及び届出の義務) 第八十九条 常時十人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、★行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とする。 一 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、★休暇並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項 二 賃金(臨時の賃金等を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項 三 ★退職に関する事項(解雇の事由を含む。) 三の二 退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項 四 臨時の賃金等(退職手当を除く。)及び最低賃金額の定めをする場合においては、これに関する事項 五 労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項 六 安全及び衛生に関する定めをする場合においては、これに関する事項 七 職業訓練に関する定めをする場合においては、これに関する事項 八 災害補償及び業務外の傷病扶助に関する定めをする場合においては、これに関する事項 九 表彰及び制裁の定めをする場合においては、その種類及び程度に関する事項 十 前各号に掲げるもののほか、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項 (作成の手続) 第九十条 使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、★労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない。 ○2 使用者は、前条の規定により届出をなすについて、★前項の意見を記した書面を添付しなければならない。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

労働基準監督署に相談したら、解雇予告手当を請求できるということでした。

お礼日時:2019/5/22 22:14

その他の回答(2件)

0

解雇については、労働者が企業に対して重大な瑕疵を起こした場合は即日解雇ができます、また予告解雇は解雇日について30日以上前であれば予告手当を払う必要が無いですが、30日に満たない場合は30日に至るまでの日数を支払い解雇はできます 今回は、理由がわからないがあなたに対して(かな?)退職送別会の話が出てきた、それだけで予告手当を請求はできません すなわち、企業側から、退職予告日は何時なのか?これが大事ですね また、あなたが自分で辞めましょうって申し出ればそれを払う必要はありませんしね

0

「退職送別会」とあるので「退職」ですよね。 ならば解雇では無いし、解雇予告手当も無理です。 退職では無く解雇であれば、解雇と予告手当は請求可能です。 でもその場合は「退職送別会」にはならないと思います。