ここから本文です

「向かいのバズる家族」はどういう内容のドラマなんですか? 、 家族みんなスマ...

psv********さん

2019/5/2310:21:48

「向かいのバズる家族」はどういう内容のドラマなんですか?

家族みんなスマホ
もってるドラマなの?

内田理央の主演ドラマ、ボロボロ・・・・



内田理央、主演ドラマが「視聴率1%台」の超不運な環境
5/23(木) 5:57配信


17世紀の哲学者パスカルは、人間の最大の下劣さを〈名誉を追求すること〉とした。SNSが跋扈(ばっこ)し、「いいね」を求める現代にも当てはまる言葉だが、そのSNSをテーマにしたドラマが“不名誉”な事態に陥っている。


内田理央(27)が主演を務めるドラマ「向かいのバズる家族」(日テレ系)の視聴率が1%台を連発している。

深夜ドラマとはいえ、第3話で1・9%、第6話で1・5%にまで落ち込み、同枠での視聴率1%台は9年ぶり、2度以上となると史上初の不名誉だ。

「SNSで話題になるという意味の“バズる”をタイトルに入れたのに全く話題にならず、制作スタッフも意気消沈。SNS社会へ一石を投じるドラマは、菅田将暉主演の「3年A組」が大人気になった直後で、世間も食傷気味なのかもしれません」(テレビ局関係者)

内田には低視聴率女王のレッテルが貼られそうだが、

「業界内で、内田の演技力には一定の評価があります。そもそも、家族全員がSNSでバズるという無理な設定や、突然踊り出したりする過度な演出に難があったんです」(同)

所属事務所のレプロが若手女優で一番推す内田のバッシングを、スポーツ紙などが大きく展開するとは思えない、なんていう声もあって、どうやら内田が矢面に立つことはなさそうだ。とはいえ取り巻く環境に恵まれない運の悪さが目立つ。ライターの吉田潮氏は、

「脚本のマギーは役者としては素晴らしいけど、脚本家としては、軽さに抵抗を持つ人が多いかもしれません。『3年A組』と比較しても、設定が視聴者にとって自分ごと化しにくい。視聴率を追いかけない味のあるドラマ、という位置づけで続ければ良いのでは」

と、提案する。内田は、視聴率という〈名誉を追求すべからず〉。

「週刊新潮」2019年5月23日号 掲載

新潮社

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190523-00562019-shincho-e...

閲覧数:
352
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

any********さん

2019/5/2311:49:27

「向かいのバズる家族」はどういう内容のドラマか、
私の説明でよろしければ。(^^)

両親と主演のあかり(内田理央)カフェ店長、弟(大4)の4人家族の物語なんですけど、この家族が結構冷えててそれぞれにちょっと難。

例えばこの間のシーンの一つに、
父親(TKO木下)のスマホが家の中で見つからなくて「誰か俺のスマホ鳴らして」と3人に声を掛けるわけですが、誰も無視するんですよね。(子供らはスマホ触ってるんですよ居間で)うち母親はキッチンに立っていて子供らに呼びかけるが知らん顔。長女のあかりのこの冷たさにはちょっと引いた。いくらその少し前に父親の浮気デート現場を見てしまっているとしても。

この家には祖父がしょっちゅう遊びに来るのですが、この時だけは幸せで友好な家族関係を皆で演じるんです。そのあたりはあまり視聴者受けしない要因かも知れません。

・母(高岡早紀)は料理風景を動画に上げフォロアーの数に一喜一憂。

・長女(内田理央)はこの母親を恥じて詰る一方で、仕事のストレス発散に面を被っての動画発信をしていた。以降店で客とちょっとしたトラブルが起こるのだがその際の動画を勝手に他の客に挙げられてそれがまずバズるきっかけとなる。

・父親もまた仕事で制作するドラマの大失敗後、SNSの反応に右往左往する。

・長男は自室のパソコン画面でその父親のドラマの影のフォロー役を務める。

家族の他に長女あかりの恋やカフェの中での店員たちとの関係性、それら面白い人間性を見れる場面もある。
母親のひなチャンネルにきゃりぱみゅが「カオス!」とコメントしたことによりバズるが、あかりの家族構成が特定されて相関図をネットに流されてしまったところで続いています。調子良かったそれぞれが崩壊していくだろう真っ只中です。

私は好きですよこのドラマ。
母娘の性格はまるで好きにはなれませんが、今あかりが高校生の時に学内でよろしくない行為をしている動画をネタに脅されているのです。(この動画がリアルでヤバいです)これをどう対処するのか、私てきに大変気になっています。

質問した人からのコメント

2019/5/29 09:35:30

こりゃー
ドラマの名前のネーミングミスと
宣伝不足が原因だな。

「バズる 意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nao********さん

2019/5/2312:41:44

タイトルの「向かいの家族」はどこにでもあるごく普通の家族ということでしょう。

SNS全盛の昨今、インターラクティブな日常がもたらす悲喜こもごもは決して対岸の火事ではなく、明日は我が家が衆人環視のロビンソン一家になるかもしれない…とでも言いたいのでしょうか(笑)。

先週土曜日からNHKで始まった連ドラ『デジタル・タトゥー』と併せて観るのも一考でしょう^^。

『向かいのバズる家族』は今クールの連ドラの中で、個人的にスタート当初から興味深く観ている作品です♪
視聴率1%台なんてビックリです(唖然)。
でもそれはそれ、視聴率なんて屁のカッパです(笑)。

主演の内田理央さんはこのドラマでその名前と顔、芝居ごころを認知しました。
暑苦しい演技に最初は戸惑いましたが、慣れると快感になりました(笑)。

これから注目したい女優さんです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる