ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜6件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2019/5/2321:45:08

離婚しても結婚していた時の姓を使い続けることは可能ですね。
これには離婚してから3ヶ月以内に在籍している市町村に届け出を出す必要があります家庭裁判所の手続きは必要ありません。
この場合は以前の戸籍に戻るわけではありませんから新たな戸籍を作らなければなりません。
この場合、離婚した相手の姓を名乗ることになりますが、元配偶者の許可が必要になることはありません。
ただし、前述の3ヶ月を過ぎてしまうと市町村の役所だけでは手続きは不可能で、家庭裁判所に姓の変更を許可してもらうよう手続きをしなければなりません。

離婚後の子どもの戸籍は、離婚した際に子どもが存在する場合は、その子どもは結婚していた時の戸籍にそのまま留まります。
具体的に言えば、離婚後の実生活上は妻と子どもが一緒に暮らすとしても、夫が筆頭者であれば子どもは夫の戸籍にいるわけです。

実質的にこれだとさまざまな不便が生じますから、手続きを踏めば、親権者である母親の戸籍に入り、同じ性を名乗ることができます。
この場合、家庭裁判所で「子の氏の変更許可申立」という手続きをする必要です。この申し立ては子が15歳未満であるときは親権者が届け出を行う必要がありますが、15歳以上なら本人が自ら判断して、申し立てを行うことが可能です。
その後、子の現在の本籍地または親権者の住所がある市町村で入籍届けを出せば、戸籍も姓も同居している母親と同じになります。

離婚後にも母が結婚していた時の姓を名乗りたい場合に、その戸籍に子どもを入れる場合も、子どもの氏の変更手続きが必要です。
この場合、同じ姓の戸籍から同じ姓の別の戸籍に移動するという考え方です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる