ここから本文です

不正競争防止法違反について。

アバター

ID非公開さん

2019/5/2414:04:56

不正競争防止法違反について。

数年前、ある有名なアパレル通販企業グレイルが別企業ブランドのデザインを模倣した商品を販売したとして、不正競争防止法違反で社長や従業員が数名逮捕されましたが、不正競争防止法違反で逮捕される・されないの基準は何でしょうか?

ある記事を見ていて、ちょうど先月同じようなケースで、あるアパレル通販企業が別企業の商品を模倣・販売し、(デザインをパクられた企業から)不正競争防止法不正として提訴され約1億5千万の損害賠償支払いを命じられておりました。その後上告は無しで判決確定しています。
ですが逮捕の情報はなく、逮捕はされていないようです。

この場合、逮捕がされない理由は何でしょうか?
無知で申し訳ございません。

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2019/5/3108:34:03

故意か過失かって事でしょう

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

小池誠さん

2019/5/2416:48:30

不正競争防止法は民事事件と刑事事件があります。

民事事件では、差止請求権及び損害賠償請求権が認められます。

刑事事件は、ご存知のように犯罪として摘発されるということになります。

民事事件では、過失又は故意で不法行為が発生するのに対して、刑事事件では故意の立証が求められます。

刑事事件で摘発されたということは、故意について立証されており、更に、事案が悪質だったのでしょうね。換言すると、形式的違法性及び実質的違法性の双方の要件が満たされていたということです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる