ここから本文です

1964年に東海道新幹線が開通した頃、 「走れ超特急」という童謡が流行したようで...

プロフィール画像

カテゴリマスター

bba********さん

2019/5/2511:54:24

1964年に東海道新幹線が開通した頃、
「走れ超特急」という童謡が流行したようですが、
当時の新幹線の運行速度は時速210キロだったにも関わらず、

この歌の歌詞では「時速250キロ」と歌われています。
もちろん、開業前の試験運転で最高時速250キロを
出したことはあるにしても、実際の乗客の皆さんは
時速210キロのスピードしか体感できなかったのですから、
この歌詞はいささか誇大広告だとは言えませんか?

閲覧数:
45
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

muk********さん

2019/5/2523:23:22

別に、スペックだから構わないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる