ここから本文です

スノーボードはなぜ曲がるのか?

アバター

ID非公開さん

2019/6/109:04:16

スノーボードはなぜ曲がるのか?

それを勉強しているのですが、まずエッジを立てることによってサイドカーブに沿って板が曲がり始める。
板が曲がり始めたらエッジへ荷重をかけて板をしならせてこのしならせた分だけ急なカーブができる。
理屈ってこんな感じで合ってますか?
板をしらなせるということはターンが終わる時に反発で加速ってしないんでしょうか?
よく初心者には柔らかめなボードがおすすめとありますが、硬い板だとなかなかしならせられないから曲がりずらい。
スピードが出てこないと硬い板はしならないのかな?
低速でしか滑れない初心者は板を曲げられずなかなかカーブできないから柔らかめがおすすめということでしょうか?
また、初心者にはロッカーやダブルキャンバーがおすすめとありますがこれって違うような。
だってターンの基礎はエッジを立てることからがスタートなのでロッカーやダブルキャンバーってエッジがずれやすいから立てたら抜ける気がする。
キャンバーが一番練習にはいいんじゃないでしょうか?
質問が多すぎてごめんなさい!

閲覧数:
279
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

2019/6/308:21:19

ごちゃごちゃと難しく考えすぎですなぁ。。
原理は自転車やバイクを乗る感覚と同じ。。
スノボビギナ-ズ映像でもそうやって教えてるのもある。
そんな難しく考えれば考える程、ゲレンデで動けなくなりますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2019/6/607:20:05

角付け、荷重、ローテーション
ですね

pur********さん

2019/6/220:01:02

板を立てる前に、重心の移動が必要です。
落下する方向に体を落としていけば、板は、下に向いて行き自然とエッジは立ちます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sno********さん

2019/6/208:52:41

こんにちは。

カービングターンの理論でしょうか。
座学だけで覚えるのは無理ですが、正しい知識ならあっても損は無いと思います。

パッと見て、多分正しい認識なのは4割くらい。初心者さんか、脱初心者レベルってとこでしょうか。
貴方の言う滑りだと、滑れるけど上手くはなれないです。

1.ターンの初動。これは多分合ってると思います。板を立てるとエッジが噛み、サイドカーブに合わせて曲がっていく。
→脱初心者のレールターンならこれで大丈夫です。

追記するなら、エッジ立てるだけじゃダメ。重心の動かし方、左右の足の踏み方次第で、ターン弧は変わります。決してサイドカーブなりではないです。

2.次に、エッジへ荷重をかける…
これはダメ。ダメ。ダメ。
この認識は今すぐ捨てましょう。
エッジに荷重はしません。これやると無駄に減速するし姿勢もフラフラ。そもそもしっかり体重を板に乗せられません。

荷重は板全体にします。足裏全体を意識。
例えばフロントサイドターンなら、母指球辺りを中心に『エッジ方向』ではなく『ソール方向』に踏み込む。
バックサイドなら踵を中心に、ソール方向に踏み込む。

意識が『エッジ方向』なのか『ソール方向』なのか、で滑りは全然変わります。

3.しならせた分だけ急なカーブ…これも半分ってとこです。
板の立て方、重心、圧のかけ方、バーンコンディション…色んな条件で変わってきます。
実際、カービング向けって言われてるメタル入りの板なんか殆どしなりません。ましてや、アルペンの板なんか尚更。上手い人でもこの辺のは殆どしなりません。

考え方を変えてみると…
板がしなれば急に曲がれる→ターン弧を小さくできる…貴方のその考えが正しければ、上手い人が柔らかい板を使った方が、よりしなるからスッゴイ急なターンが出来る…と言うことになりますが…

実際、そんな事はないです。
硬い板に乗ってる人も大勢います。
ターン弧を小さくするのと板のしなりは、そんなに重要ではないです。

4.初心者に柔らかい板→これは合ってます。
そもそも初心者さんって、その後どういう方向に行くか分かりません。当初は『ゲレンデクルージングできればいいや』なんて人が、気づいたら飛んだり回したりしたくなる、レールやボックスが気になる…そんな人も大勢います。

それに、カービングを覚えるにしても『板のしなり』『板を動かすこと』を覚えないと、すぐ行き詰まります。

前述の通り、小さなターン弧と板のしなりはさほど関係ないけど、そもそも『板をしならせるってどんな感覚なのか』が分からないと、その次元の話にはなりません。

5.スピードが出ないと硬い板はしならない→これは半分正解。
確かに硬い板は低速だとしなりにくいです。コントロールはしんどい。でもこれはスキルである程度以上、カバーできます。この辺はサイドカーブの半径やフレックスバランス、乗り手の癖、体格や体力も絡んでくるので一概には言えません。
私の手持ちの板、柔らかいのは一本もありません。でも、低速でもある程度こなしてます。

6.板をしならせるってことはターンが終わる時に反発で加速→厳密には違います。これはターン弧でも大きく変わります。

深いターンの場合、そもそもターン中の板は
『力のベクトルを常に変えながら進む』
『雪面を深く掘りながら進む』
これって、思い切り『減速要素』なんです。要は、意図的に詰まりながら進んでるだけ。

で、ターン終盤ってベクトルも落ち着く、雪もそんなに掘らない…ので『加速』ではなく『抑えられてた本来のスピードに戻る』から、加速するように感じるのでしょう。
反発が速い、強い板は、そこの動きがキビキビと動きます。なので『反発が強くて加速する』と『乗り手が感じる(実際の動きとは違ったとしても)』と言えるのかもしれません。

7.初心者にはロッカーやWキャンバーがおすすめとあるけど違うような…
→これはある程度正解です。
まずロッカーとWキャンバーを一緒に考えるのは間違い。近いところはあるけど違いも大きいです。

で、初心者でロッカー、はある意味正解です。
よく考えてください。
初心者って、その後どれくらい続けるか、のめり込むか、年間何日くらい滑るか、全然分かりません。

で、カービングターンがちゃんと出来るようになる人って、スノーボード経験者の1割いるかどうか。
大半の人は、年数日しか滑りません。
そんなんでカービングターン…無理ですよ。ちょこっと滑って、軽く跳ねてドライブでも回して…これで満足、オレカッコいい、それくらいが世間の標準ではないでしょうか。

ゲレンデで見るともう少し比率は変わりますが、単に『年数日の人が入れ違いで来てる』から、ちゃんと滑れる→滑走日数の多い人との『その日の、そのゲレンデでの上手い人の比率』は上がります。

初心者さんだとまず逆エッジが怖い、難関、壁だったりします。
カービングターンまで行かないなら、ロッカーなら板もずらしやすい、逆エッジもかかりにくい…なので『安全に、楽しく』スノーボードを覚えられる→初心者さんにロッカーは、ある意味向いてます。

でも仰る通り、エッジがかかりにくいのでロッカーだと『そもそも立てない』って人もいます。
だから最近、まともなブランドの初心者向けだとハイブリッドキャンバーにしてるメーカーが殆どでしょう。

Wキャンバーは全く別物で、これは確かに初心者さんに向いてるかと聞かれたら、まあ怪しいとこです。癖が強いので。

キャンバーだと初心者にはまず逆エッジが恐怖です。そこをいかにイージーに、取っ付きやすくするためにロッカーやハイブリッドを勧める事は多いです。

8.ターンの基礎はエッジを立てること→これも違います。

最初はドリフトターンから。
逆エッジがかからないように操作して、いかに自分が行きたい方向に板を向けるか…これが重要です。それをイージーにするのはロッカーだったりハイブリッドだったり。

カービングターンでも、エッジを立てることは考えません。
そんな事言ってる奴が多いからヘタッピも多いんです。なかなか上手くなれないんです。

自分が行きたい方向に、行きたいスピードでターンする為に、姿勢や滑り方…乗り手の動きがあった上で『結果として板が立ち、板が雪面を掘る』
これがカービングターンの基本的な考え方です。その為に色んな技術があって、板が作られてます。


総括
座学も大いに結構ですが、それは単にネットで調べるんじゃなくて、ちゃんとしたショップやイントラさん、ライダーさんと色々話して身につけることをオススメします。
確か、この時期も座学講座を私的に開いてるライダーもいると思いました。
そういう所でちゃんと習った方が良いでしょう。

なんかね、質問文見てて…

この人、自分の中で知識を全然整理できてないな

という印象を受けました。

あとは実践経験がなさすぎです。
文面に表れてます。
知識は重要だけど、経験はもっと重要です。

最後に。
この手の質問は、シーズン直前ないしシーズン中にする事をお勧めします。
今聞いても、シーズンインまでどれくらい覚えていられますか??
ちゃんと覚えてるのは難しいと思います。

頑張ってください。
ご参考までに。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sno********さん

2019/6/122:34:49

概ね正しいけど、それは「スノーボードはなぜ曲がるのか?」ではなく「スノーボードは板を立てるだけで何故曲がるのか?」です。

初心者の話。
初めてボードをする人にとって、板を立てるのは先の話。
まずは板をズラしますよね?
スノーボードは、板の方向に進もうとしますから、板の方向を変えて曲がる(曲げる)こともできます。
初心者の場合はその方が簡単です。
そうなってくるとキャンバーよりひっかかりの少ないロッカーやダブルキャンバーの方が向いています。
とはいえ、10〜20日も滑れば板は立てられるようになってくるのでキャンバーのが良いのは事実。
年間滑走日数が3-4日とかなら、ダブキャンでもいいかなとは思いますが・・・.

ズラし。
じゃあ、上級者は一切ズラしてないのか?というとそんなことはありません。
キレキレのカービングをしていても、解らないようなズレを作ってます。
特に急斜面やショートターンでは、ローテーションを使って積極的にズレも作ります。
板を立てるだけで曲がるのでは無く、ターンサイズをコントロールするためにズレも作っているんです。

硬い板。
硬い板をしならせるには、外力が必要です。
外力は主にスピードと遠心力、あと体重も関係します。
なので、低速域だとサイドカーブにあったターンしかやりにくいです。
そこをスキルでカバーするわけですが、それが出来るのが上級者ですね。
柔らかめの方が、中低速域でもボードのしなりをコントロールしやすく、扱いやすいわけです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

neo********さん

2019/6/114:52:34

こんにちは。

そんな感じの理窟で良いんじゃない。

スピードが出て無いのに無理矢理荷重するとズレて抜けるので、スピードに合わせた荷重の加減が必要かと思います。
その辺り、説明めんどいのでマルっと省きますが、要は技術ですね。

ロッカーやダブルキャンバーは、エッジを立てられない初心者初級者にはお勧めって事で。
もちろん、ロッカーやダブルキャンバーでも、エッジを立てて滑る技術があれば、ズレの少ないターンをする事は可能ですよ。

抜重の時に板の反発の戻りで身体がフワッとなり加速したような気になりますが、一瞬の事ですし、どうでしょうね?
板をフラットにしてしまえば、雪面と板の摩擦でそれ以上加速は見込めませんし、ターン中の方が加速要素はあるかと思いますが、分かりません。
気持ち良いですけどね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる