ここから本文です

「有給 法定日数を超えて取得する場合」について質問です。 会社の有給休暇日...

gra********さん

2019/6/112:20:28

「有給 法定日数を超えて取得する場合」について質問です。


会社の有給休暇日数が20日、個人の有給休暇の法廷日数が12日(勤続年数2年6ヶ月)の場合、

法廷日数を超えている8日分の有給休暇取得を会社側が拒む事は法律上

問題はないでしょうか?

閲覧数:
30
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

syo********さん

2019/6/215:43:09

横道から入りますが

労働基準法は使用者が労働者にすべき最低条件を定めたものです
だから、これを下回るものは無効で労基法が優先しますが
これを上回る労働者有利の条件は有効とされます

今回は、会社が12日の法定付与する労働者に20日の有休を付与することは有効であり、当然就業規則(または雇用契約書)で規定されてると推測します
その場合は、労働者が20日間の有休を請求したら会社は拒否ができません
就業規則(または労働契約書)は、社内において労働者と取り決めをしたその会社だけに通用する法律とも言われます
よって、企業が勝手にそれを変更はできません
だから、事例の8日分の使用を従業員によって拒否することは法規上認められません

ただし、よくあるように
従業員が勤続○年に達した年は特別に年に○日特別に有休を与える等の条件を付与することは可能ですね(ただしこれも協定が必要です)
これも、労働者によって区別はできません
その基準に達した方は平等に付与が必要です

質問した人からのコメント

2019/6/4 23:00:03

ありがとうございます。

今後は、堂々と休暇を取ります。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2019/6/215:30:51

会社が法を超えて、「年20日間の付与」をしているのですか?


付与した以上、取得を拒むのは違法です。

拒むくらいなら「法定の付与日数」に変えるべきでしょう。

pfl********さん

編集あり2019/6/112:38:44

法定の年次有給休暇とは別に、会社が独自の制度として有給を与えている場合は、会社が取得条件などを設定しても問題ありません。


年次有給休暇は使わずに2年経過したら時効で時効しますが、消滅させずに残しておいて病欠など特定の理由のみで使えるようにするのも合法です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kk0********さん

2019/6/112:29:43

まず法定ね。


要は取り方。

今年からは半分が会社主導の有給消化ね。

個人的には早めに希望の休みを申告して会社主導での有給に変えて消化してます。

会社とも揉めたくないし働く会社を違法な会社にもしたくないんでね。

会社主導の休みの提案をもらい、その前後に無理くり残りの有給を消化しようとしたら解雇対象になりかねませんよ。

本来は業務に支障のない消化の仕方が有給ですからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる