ここから本文です

遺言信託と遺産整理業務の違い

アバター

ID非公開さん

2019/6/320:32:04

遺言信託と遺産整理業務の違い

山や畑の不動産が多いのですが、 相続手続きの際の名義変更などが大変面倒だと思っておりますその場合は遺言信託か遺産整理業務どちらをお願いする方がいいでしょうか

閲覧数:
5
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/6/323:52:46

どっちも、違いますよ。
遺言信託というのは、本来、契約でする信託を、契約でなく遺言でするものです。信託は、財産管理の一種で、誰かに管理をしてもらう契約のことです。

遺産整理業務は、遺産を現金化して相続人に渡すことです。
登記(名義変更)も遺産整理業務に含みますが、登記だけなら、単に司法書士に依頼すればいいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる