ここから本文です

日本史についてです。

アバター

ID非公開さん

2019/6/418:26:09

日本史についてです。

室町時代にて出てくる「門前町」と「寺内町」の違いを教えてください。よろしくお願いします!

閲覧数:
19
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/6/418:52:52

寺内町は寺院の周辺に濠や土塁を築いた防御性を持つ自治集落。

門前町は寺社の門前に発達した商工業の町。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2019/6/418:46:42

「門前町」は寺院の参道に経済活動を主たる要因として自然発生的にできた町です。
「寺内町」は西洋の城郭都市のようなもので、もともと町の防衛を考えて寺を中心として人為的に造られた町です。基本的に浄土真宗の寺が中心となってます。

tan********さん

2019/6/418:45:06

寺内町(じないちょう、じないまち)とは、室町時代に浄土真宗などの仏教寺院、道場(御坊)を中心に形成された自治集落のこと。

一向一揆の集団だよ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる