ここから本文です

どうして松ぼっくりは細胞がコルク化しているのに、水分よって鱗を開閉することが...

aks********さん

2019/6/802:14:32

どうして松ぼっくりは細胞がコルク化しているのに、水分よって鱗を開閉することができるのですか?鱗の内と外で細胞の大きさや配置、繊維の絡み合いの違いがあり、膨張率が違うからですか?

閲覧数:
8
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nug********さん

2019/6/807:46:39

松ぼっくりの鱗片のなかでは上側(外側)よりに繊維がたてに並んで走っているからです.乾くと,この繊維がちぢまるために鱗片は上側(外側)に向けてそりかえり,松かさが開きます.閉じる場合はその逆です.知恵袋の過去BAをご覧ください.
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122074577...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる