ここから本文です

歌舞伎の公演では古い日本語が使われているように、オペラもそれが書かれた時代の...

アバター

ID非公開さん

2019/6/806:08:55

歌舞伎の公演では古い日本語が使われているように、オペラもそれが書かれた時代の言葉で上演されるのが通例ですか?

補足回答ありがとうございます。

現代語とは違うとすれば、
例えば、オペラで覚えたイタリア語は現代のイタリアでは通用しない場合もある、という認識でよろしいですか?
今はほとんど使われない古い単語や言い回しで、現代人には意味がわからない等。
また、ずいぶんと古風な喋り方をする人だな、と思われますか?

実際、歌舞伎のような言い回しをする外国人がいたら、現代語しか知らない現代人からしたらよくあるカタコト以上に違和感が大きいと思います。

実際にイタリアに行くとかではなく、これは素朴な疑問として質問させてもらってます。

閲覧数:
53
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

smo********さん

2019/6/806:41:15

そうですね。

外国語オペラを自国の言語に翻訳して上演するスタイルの劇場ならありますが、現代の言葉に直して上演するというスタイルは聞いたことがないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2019/6/820:56:53

基本、そうでは?
当時の流行りもあるだろうし。
以前、日本語翻訳上演のオペラの一部を古文に直してくれと頼まれましたが、平安、室町あたりの言葉にしたんで歌舞伎てかお能みたいになって了いました(笑)。
ま、やる方は喜んでたから、ま、イイか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wat********さん

2019/6/809:30:43

現代上演されているオペラのほとんどはそう古くないので、言語もそう古くありません。古典歌曲になると、現代では使わない言い方ももうちょっと出てきますが。

また他に、次のようなことがとっつきにくいかも。
・ 音符の都合で、単語の中の音が省略される
・ イタリア語なら、語末の母音と次の語の語頭の母音が音符ひとつに押し込まれてしまう
・ フランス語なら、口語では子音でしか発音されない語末に、「シュワー(あいまい音)」が付け加えて歌われる
など

日本の歌舞伎の場合、実はそれほど古い日本語じゃないんですよ。耳で聞いてだいたいわかりますよね?

twe********さん

2019/6/808:04:01

うん。通例(・o・)

wil********さん

2019/6/806:57:52

そうですね。

たまに楽譜見てても「あれ?」と思う単語があったりします。現代では使われなくなった単語や綴り、あるいは文法が出てきます。

とはいえ、歌舞伎と違って現代の標準的レパートリーのオペラが書かれたのはここ200年ていどなので、そこまで大幅に現代語からかけ離れている、というわけではないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる