ここから本文です

2019年5月17日(金)交通事故に巻き込まれました。

アバター

ID非公開さん

2019/6/902:29:34

2019年5月17日(金)交通事故に巻き込まれました。

結果から言うと、過失割合は私が1で相手が9と言われました。
私の車は全損で14万円(11年乗っているため)で、相手の車は修理で45万円とのことです。
過失割合から相殺されて私には8万円くらいしか入りません。
当然これには納得がいきませんし、これでどうやって車に乗るのかと思います。
ですので、私は0対9を要求しています。

私は片側1車線の合計2車線の優先道路を直進していました。すると四つ角の交差点があり、右と左は車1台分くらいしか通らない道路です。私は右から来た車に真横から追突され、ちょうど私の車の右側にの真ん中にぶつかってきました。相手は交差点を直進しようとしていて相手には一時停止の標識がありました。
相手は一時停止でも止まって、中央線の前でも止まったと主張しています。
警察の方に防犯カメラを確認してもらったところ、一時停止の標識では止まっているがそれからは止まってないとのことです。
添付写真の通り、私の対向車線にトラックがおり、私と相手はそのトラックに隠れるような感じです。
相手の保険会社に私の車の損害具合を見てもらったところ、相手の車は徐行の速度ではなかったと認めました。ということは、中央線でも止まったということはウソになり、私の車が全損になるほどのスピードは中央線からスタートして出せないことを私は公式で数値を導いたりして証明しました。これに対しては保険会社も反論はしてこなかったので相手の中央線でも止まったという言い分はウソになると認めていると思います。

そして、以下の点を主張しました。
・真横からの衝突なので私が先に交差点に進入していた
・そもそも相手は一時停止からアクセルを踏むこと自体がおかしいこと、クリープ現象で事足りる→したがって論外であること
・勝手に車が来てないと決めつけて侵入したこと(相手が左の歩行者信号が青いを点滅していたと主張したことから優先道路の信号が赤になるため)
・私はブレーキを踏んだが相手はブレーキを踏んでいないこと。私のブレーキ痕は写真に撮っています。相手は加速の真っ最中ですので当然ブレーキ痕もないしブレーキを踏んでいないこと。
・昭和58年と61年の判例を挙げ、「優先道路の車は速度調整義務も安全確認を義務がないこと」、「優先道路に進入する際は最徐行だけでは足りず、絶えず左右の車の有無を確認しなければならないこと」、「優先道路の車を妨害してはならないこと」、「優先道路の車が通過するのを待たなければならない義務があること」
・平成22年の判例で0対10のケースを挙げ、「優先道路の車は相手が突然横から突っ込んでこないかを凝視する必要までないこと」
・人身事故として処理されているのに相手からは謝罪もなく、保険会社と話してくださいの一点張りで、事故の後一度電話した際には加害者とは思えない強い口調で私にものを言っていること(録音済み)
・添付写真のように著しい過失という修正要素を加味して0対9にすること

これらを相手の保険会社に主張していますが、相手の答えは変わらず、私もトラックの横から車が出てくることを予期した運転をしなかったということで過失1の考えのようです。
現在は相手の保険会社に文章で質問を送っており、その回答待ちです。

どうにか0対9にする手はありますでしょうか?0対10に本当はしたいですがそれはこちらが完全に停車していないと無理みたいですので諦めています。
ちなみにドライブレコーダーはつけていません。

そして、できるだけ多く慰謝料を取るやり方や相手に処罰を与えるやり方を教えてください。
弁護士を使うことは今のところ考えていません。

詳しい方教えてください。
よろしくお願いします!

保険会社,慰謝料,中央線,優先道路,相手,ブレーキ痕,全損

閲覧数:
165
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lss********さん

2019/6/910:26:55

あなたが過失ゼロを主張するのなら、あなたの保険会社が出て行きようは無いので、あなた自身が訴訟を提起するしかないのではありませんか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2019/6/1001:16:18

まず、根本的な数字おかしくないか??
過失割合は合計で10(100%)
だから0:9という数字は無い。
過失割合での数字は基本1:9でこれにB側の一時停止後の動きに関して修正で0:10の主張が正しい。
http://kashitsu.e-advice.net/car-car/58.html

価値14万で全損というなら、同年式中古車の相場を出して交渉だ。
それとへたに今更人身にして通院~慰謝料という考えは止めておくべき。
無駄な努力になる。

保険会社と相談して最悪0.1:99.9でケリ付ければアナタ側の保険も利用可能で弁護士特約も利用可。

big********さん

2019/6/923:09:48

揉めても時間の無駄であり、諦めたほうがいい。できるだけ多くの慰謝料?と言っていますが、車の全損は損害賠償ですし、怪我もしてないなら慰謝料はありませんよ。

ton********さん

2019/6/922:20:34

普通は真横から衝突される事故は10対0になりますが、交差点に進入した時点での衝突事故は相手側が信号無視やスピード違反などの道路交通法違反してない限り10対0は難しいです。今回は相手側も一時停止した上で交差点に進入しての衝突なので衝突された側にも過失が科せられます。
相手側が代理である保険会社に任せるのは当たり前です。なぜなら、事故のための保険なのですから、おそらく双方の保険会社の話し合いになると思いますので、慰謝料は保険会社基準になります。金額は怪我の内容や治療期間で算出されますので全治2週間の診断結果で半年通院出来て良くて50万以下だとお考え下さい。ただし、ムチ打ち程度では半年は難しいです。
相手側は処罰としてはすでに免許証の点数を引かれるのと保険料値上がりが確定しております。
もし、慰謝料で納得出来なければ弁護士を雇って下さい。保険会社のオプションで弁護士特約を付けてれば弁護士費用は掛かりません。ただし、弁護士特約をつけていない場合は下手したら弁護士費用を差し引いて通常貰える額より下回る可能性もあります。

aj1********さん

2019/6/918:41:35

>どうにか0対9にする手はありますでしょうか?
→(防犯カメラで一時停止はしているようなので)事故状況説明からは質問者様の説明だけでも1:9は妥当であり、裁判しても結果は変わらないと思われます。
そもそも0:10主張で頑張っていて、相手から0:9の妥協案が示されることはあっても、自ら相手過失9を認めておきながら支払いはできないという交渉方法が誤りだったと思います。
話がまとまらなければ、相手保険会社は示談しなければ良いだけのことなので、物件について解決したいなら、請求する側から裁判を起こすか相手の言い分を飲むしか方法はないと思います。
尚、時価額の14万円については事故車と同種・同型式・同グレード・同年式の車の車両取引価格(売価)を調べて高額な物が見つかればそれを資料として示して増額交渉はできると思います。

>できるだけ多く慰謝料を取るやり方や相手に処罰を与えるやり方を教えてください。
→処罰は警察へ出した診断書でほとんど決まるので今から重くしたいと言っても困難。

慰謝料についても怪我の治療は医師の指示に従って治療するしか方法が無いので、弁護士を使わないのであれば、せいぜい紛争処理センターで示談の斡旋を受けるくらいしかないと思います。尚、物件担当と人身担当は別なので物件事故の対応が人身事故処理に影響を与えることはないと思いますが、物件関係に関し保険会社が弁護士を窓口にするような事態になれば人身事故の処理にも影響が出て、治療費の支払いを止められたりすることもあるので、保険会社との交渉については慎重に進めた方が良いと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

roc********さん

2019/6/910:57:13

損保会社で人身事故の担当者をしています。

>どうにか0対9にする手はありますでしょうか?

保険のレベルでは難しいと思います。

別冊判例タイムズ38・【105】図における「著しい過失」というのは、

脇見運転等著しい前方不注視

著しいハンドル・ブレーキ操作不適切

携帯電話等の無線通話装置を通話のために使用したり、画像を注視したりしながら運転すること

おおむね時速15km以上30km未満の速度違反(高速道路を除く)

酒気帯び運転

といったものです。

※別冊判例タイムズ38・P.206より

※「著しいハンドル・ブレーキ操作不適切」とは、最近取り沙汰されているアクセルとブレーキの踏み間違いのような状況を想定していると考えられています。

また、ご質問者様はいくつかの判例を挙げておられますが、あまり意味がないと思います。

相手側は、ご質問者様が挙げた判例とは別の判断がなされた判例を沢山示すことが可能なはずです。

ですから、ご質問のようなケースでは、個別の判例の提示で解決することはほとんどないのです。



>できるだけ多く慰謝料を取るやり方や相手に処罰を与えるやり方を教えてください。

物的損害に関しては「慰謝料」はありません。

人的損害に関しては「入通院慰謝料(傷害慰謝料)」と「後遺障害慰謝料」とがあります。

いずれにしても、本来受け取れる金額以上の慰謝料を受け取るのは「不適切」だと思います。

損害賠償とは、被害者様に生じた損害を、過不足なく適切に埋め合わせることだと考えるからです。

また、もし仮に「入通院慰謝料(傷害慰謝料)・後遺障害慰謝料」を(適切な金額以上に)増やす方法があったなら、おそらくそれは違法なものになると思います。

お相手への処罰については、検察に陳情書を提出してみてはどうですか?

どこまで効果があるかはわかりませんが...(-_-)ゞ



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる