ここから本文です

釈迦、釈尊、ブッダ、ゴータマブッダ等 いろいろな呼び名がありますが 意味は...

xos********さん

2019/6/1010:05:02

釈迦、釈尊、ブッダ、ゴータマブッダ等
いろいろな呼び名がありますが

意味はそれぞれ違うのですか?

違うから呼び分けているのでしょうか?

閲覧数:
47
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nao********さん

2019/6/1013:12:45

こんにちは!
なっちゃんです!

お釈迦様とは、釈迦牟尼からとっています。牟尼とは聖者のことなので釈迦族出身の聖者という意味です。釈迦とは名前ではなく、一族の名称です。釈尊というのは、釈迦牟尼世尊の略です釈迦族の聖者であり、この世界で最も尊敬される方という意味です。

ブッダとは、真理に目覚めた者のことです。覚りを開いた人のことをブッダと呼びます。ゴータマ・ブッダというのは、お釈迦様の本名から取った敬称です。お釈迦様の名は、ガウタマ・シッダールタといいますから、ガウタマ・ブッダと呼ばれました。

以上、なっちゃんでした!

質問した人からのコメント

2019/6/12 23:38:45

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

twe********さん

2019/6/1102:05:38

ちがう(・o・)

仏教の教祖は、正確にはサンマーサンブッダと言い、自分で正しく悟ったブッダという意味で、ブッダとは「悟った人、目覚めた人、明るい人」という意味です。長いので略して、世界中どこでも「ブッダ」と呼んでいます。「仏陀」の宗教なので仏教です。

今のブッダ以前にも何人ものブッダがいたと言われているので、区別する必要がある時は個人名(姓)をつけてゴータマ・ブッダと呼ぶこともあります。


釈迦は多分「釈迦如来」から来た呼び名で、漢字文化圏、つまり大乗でしか使われません。私が調べた限りでは、中国でも韓国でも、教祖を仏陀と呼んでおり、釈迦と呼ぶのは日本だけのように思います。最初に呼んだのが空海だそうです。釈迦と呼び捨てでは無礼なので、敬称を付けて「釈尊」と呼びました。庶民は親しみを込めてお釈迦様と呼び、信仰のない現代人は釈迦と呼び捨てにします。

ブッダと釈迦の宗教は、目的も、教典も、教えと規則も、実践も、歴史も、全部違います。それらが大方同じなら、わざわざ教祖の名前を呼び変える必要はなかったと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる