ここから本文です

小川洋子さんの作品、「偶然の祝福」についてわからない点があるので質問します!

ton********さん

2019/6/1021:38:38

小川洋子さんの作品、「偶然の祝福」についてわからない点があるので質問します!

その中の短編、「盗作」で
主人公は、女性から聞いた話を小説にして、その後女性に会いに精神科へ行きましたが女性は姿を表すことなく、病棟には小説バックストロークが置いてあった、
といった節がありましたが、これはその女性が実体験を話したのではなく、バックストロークを読んでそのまま主人公に伝えていた、ということですか?
その女性が精神科に通う患者だった、ということでしょうか?

他に、「またお会いすると思うから」
といったセリフを主人公に言ってから二度と姿を表すことはありませんでしたが、これはその女性自身ではなくて主人公がバックストロークを見つける(?)という意味ですか??

この辺りがどうしてもわからないので、わかる方解説をお願いします。

先ほど同じ質問を投稿したのですが、コインをつけ忘れたのでこちらで再度投稿致します。

閲覧数:
37
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2019/6/1307:12:09

私の解釈ですが、
「お話を教えてくれた女性はもう1人の自分」だと思います。

質問者さまも集中力が凄まじく高まると自分では信じられないような
能力を発揮することはありませんか?

その状態で書かれたものがバックストロークで、まるで話を教えてもらったようだ
と表現していると思います。

  • 質問者

    ton********さん

    2019/6/1323:27:01

    ご回答ありがとうございます。自分には全く思いつかない解釈でした!もしそうならこの作品の面白さがさらに増したように感じます。
    小川洋子さんの作品を何冊か読んでいますが、そういった不思議な解釈ができる作品が多いのですか?
    「盗作」の後半に、英語で書かれた古いバックストロークの本を病棟で読む場面がありましたが、それはたまたまお話がかぶってしまった、ということでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/17 12:39:16

「もしかしたら…」とか、「どういう意味なんだろう?」と疑問はわくのですが、私はなかなかその先にたどり着けません(^-^;
回答者様のおかげで、小川洋子さんの作品の世界観がさらに広がりました。
今また小川さんの作品で読み始めたものがあるので、ゆっくり楽しみたいと思います。
丁寧なご回答をありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる