ここから本文です

儒教とは具体的にどんな教えですか?

未記入さん

2019/6/1416:12:45

儒教とは具体的にどんな教えですか?

わかりやすくおしえてください

閲覧数:
36
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2019/6/1418:05:09

儒教は宗教ではなく、今の言葉で言えば政治に関する法則や原理のことと考えた方がいいでしょうね.

孔子の学問から始まったと考えるのが通常ですが、紀元前後にはすでに孔子の思想からかけ離れた内容になっており、特に10世紀末以降の宋代には理論化が進み、尤もらしい一見精緻な学問体系になっていますが、その根本理論には全く根拠が無い.

にもかかわらず、儒学は日本の6世紀から江戸時代に至るまでに大きな影響を与え、今も日本人の考え方の一つの側面として生きている.明治維新も儒教の考え方が根本いなければ起こらなかったかも知れない.また東アジアの文明の根幹でもあり、本家シナ以外のベトナムや朝鮮にも日本以上に大きな影響を与えている.

その理由は、ある程度文明、つまり農業が発展し人口が増え、職業が分化し、貨幣経済が発達すると、それまでの血族社会が崩れ、多様な人間が集団を形成するようになる.その最大のものは国家であり、日本も7世紀に人口600万人を数えるに至り、ついに社会規範としての儒教、道徳規範としての儒教を採り入れざるを得なくなった.つまり、それまでは親子兄弟のような親密な関係で結ばれていた社会が言わば他人同士のつながりとなり、そこでは秩序維持、紛争防止のために律(刑罰)や令(制度)といった強権的な支配の道具が不可欠になった.そのための理論的な支えとなったのが儒教だと言えるでしょう.
儒教にも色々な学派があり、時に正反対とも言える対立も孕む.しかし孔子の頃の考え方は文明社会では余りにも深すぎる哲理のように思え、一般社会にはすでに通用しなくなり、その後はただひたすらに社会的秩序を目指す政治学と化した.

例えば日本の江戸時代の初めに幕府が国教とした朱子学は、人間が生まれたときに持っている本性と、人間とは関係のない天の理(ことわり 理屈)を根本とし、仏教のように体系化した政治理論である.人間と社会、人間と世界は理(ことわり 法則)に支配され、したがって個人は自分が理に従うだけでなく、すべての人間が社会と理の関係で結ばれなければならないとする.なんだか訳のわからない理屈だが、結局は黙れこの野郎、俺に従えというのが天下太平の根本原理だと言えば分かりやすいでしょう.

このような理屈は、例えば薩摩や長州が幕府を倒すときに、幕府は朝敵であり、天の理に背くものであると言い、しかも薩長の軍事力が幕府と拮抗していれば容易に維新を行う原動力になり得た.当時の武士はほとんど全員が儒教的教養を身に着けていた.もし儒教と言う天下の公器がなかったら、日本は泥沼のような内戦状態になり、イギリスとフランスに支配されていた可能性が高い.儒教と言うのはそういう力を持った学問であった.

他方、儒教は社会と言う他人同士の組織を結ぶ接着剤にはなるが、個々の人間の理にはほとんど効き目が無い.その穴を埋めたのは、やはり6世紀以降に輸入された仏教であり、理論的には何も語らない古代の日本人の生き方に関わる神道とともに、日本人の個人的な心の生活の穴を埋めて来たと言えるでしょう.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kimuron1さん

2019/6/1416:27:41

孔子によって体系化されたのが、「儒教」です。
紀元前6世紀の古代中国は、諸国が争いあう春秋時代。

儒教の教え「五常」
儒教の教えに「五常」と「五倫」というものがあります。
人は、「仁・義・礼・智・信」からなる「五常」の徳目を守ることで、「五倫」と呼ばれる「父子・君臣・夫婦・長幼・朋友」の関係を維持するよう努めなければならないという内容で、東アジアにおける倫理観の基本になっている考え方です。

「仁」は、
人を愛し、思いやることをいいます。孔子は「五常」のなかでも最高の徳目としていました。

「義」は、
利や欲にとらわれず、世のため人のために行動することをいいます。日本の武将、上杉謙信が「義の武将」と呼ばれていることも有名です。

「礼」は、
謙遜し、相手に敬意を払って接することをいいます。「仁」を具体的な行動にしたもので、後に人と関わるうえで守るべきことを意味するようになりました。

「智」は、
偏らずに幅広い知識や知恵を得て、道理をわきまえることで、善悪を判断することをいいます。

「信」は、
人を欺かず、また人からは信頼してもらえるように常に約束を守り、嘘をつかず、誠実であることをいいます。


※「天」
儒教の最高の価値として「天」があります。
「天」とは人間の価値の源泉とされているもので、物理的な天空や神格ではありません。
天が命(めい)として人間に付与したものが「性」とされます。
「性」とは、持って生まれた人間の本性のことです。性を与えた天は価値の源泉であるため、性は善なるものとされます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる