ここから本文です

60歳以上の山岳遭難が50%以上!? 高齢者の交通事故対策よりも、山岳遭難...

kum********さん

2019/6/1500:03:37

60歳以上の山岳遭難が50%以上!?

高齢者の交通事故対策よりも、山岳遭難高齢者対策が先決じゃーないでしょうか?

いかがでしょうか?

閲覧数:
172
回答数:
18

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kas********さん

2019/6/1509:48:24

年齢別の対策よりも、要因別の対策のほうが効果的だと思います。
山岳遭難には年齢に起因するものも勿論ありますが、同時に個人の体力や登山スキルなどの不足が原因となるものもあり、それらは年齢に関係なく山岳遭難に繋がります。
仮に60歳以上の人に対して対策をするのなら、それ以下の年代の人はどうでもいいのか、山岳遭難の半数以上は道迷いが原因だから、そこにスポットを当てて対策すれば効果があることは目に見えているのにそれに目を付けなくてどうするのか、といった意見も生じてくるでしょう。

そしてそもそもの話ですが、交通事故も山岳遭難も、どっちも対策に取り組むべきことなのですから、どっちを先決にするかなど考える必要がないと思います。

  • 質問者

    kum********さん

    2019/6/2107:38:53

    山岳遭難の半数以上は道迷いが原因だから、そこにスポットを当てて対策すれば効果があることは目に見えているのにそれに目を付けなくてどうするのか、といった意見も生じてくるでしょう。

    ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/21 07:46:38

皆様貴重なご回答ありがとございました。!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/17件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fax********さん

2019/6/2105:14:27

どちらも規制が必要かと思います。特に山岳は金と時間を持て余した退職者がいきなり開始するので素人危険がいっぱいです。身の程知らずのことをして社会迷惑をかけているだけの暴走に違いありません。

近所にも六十過ぎてハーレーに乗る馬鹿がいて、公安委員会の自教がいとも簡単に金と引き換えに大型免許を与えるし、ハーレーもバイクが売れるから教習料金まで負担する始末。それで運転ミスで寝たきりになっている例も多発しています。

身の程知らずもあるが裕福で簡単に車が買えるということも影響しています。

老人はせいぜいカブ50か電動自転車に乗り、山岳目指さないでゲートボールか散歩でもしてくれたらよいのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2019/6/1611:19:51

山での遭難者に占める「高齢者の割合」ですよね?元々、山での遭難者は「交通事故数」よりずっとずっと少ないです。
山に登っている高齢者の50%が遭難するなら問題だけど、遭難者の半数が60歳以上というだけです。
問題は「昔はこれくらい平気だった」という自覚の無さ。

max********さん

2019/6/1522:06:51

被害者がいないから、勝手に遭難すればいいだけです。
変に対策とか取られたら迷惑です。
好きな事してそれで良いじゃ無い
該当者です。

oha********さん

2019/6/1520:57:29

貴男もその内
鬱陶しがられ
ますよ。

sft********さん

2019/6/1511:26:18

本人が自分のミスで遭難するんだから、その代償は本人が払うんだから。
まあ、気を付けるようにの、アナウンスや周知程度でいい。

高齢者の運転事故は 被害者がいます。
それも子供や働き盛りの人とか、対策は被害者の為に必要です。
運転している本人や同乗者は 別にどうなっても それは自己責任(登山といっしょで、どうでもいい)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる