ここから本文です

正しい仏法を「正法」と言いますが、正法に巡り合うのも前世の功徳による 部分も...

ass********さん

2019/6/1612:22:21

正しい仏法を「正法」と言いますが、正法に巡り合うのも前世の功徳による
部分も大きいものでしょうか?

閲覧数:
14
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

曹源慧能さん

編集あり2019/6/1613:27:24

前世の因縁があったから、正法に巡り合うことができたのです。まだ、正法に出会っていない人は何かのきっかけで出会うことがあります。

質問した人からのコメント

2019/6/17 12:51:19

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

Inotinetさん

2019/6/1614:31:58

いいえ。生まれたからの縁によるものです。

前世がどうとかいうのがそもそも正法ではありません。

zvs********さん

2019/6/1614:20:39

それしかないですよ

満願に成らないと佛から賜物として授かりませんから

何もしない人には、何も無い

珠彦さん

2019/6/1612:59:52

そういうものではありません。

正法の時代は正しく仏教が伝えられ実践されていた時代。その500年後、像法の時代が来る。つまり形だけの仏教の時代。さらにその500年後、末法の時代。鎌倉時代の日本では「今まさに末法の時代」と考えられていました。

しかしそれらはかつてのインドにおける大乗仏教の中で語られたことでしかないでしょう。ただ単に大乗仏教のお坊さんたちがそのように予想したに過ぎません。

ちなみに日本のお坊さんたちや学者さんたちは輪廻転生という考え方自体にあまり肯定的ではありません。日本で一番読まれているお経と言えば般若心経ですが、この中では「生まれることもなく死ぬこともない」と書かれていますから、極論すると「今私は個人としてこのように生きている」ということ自体が幻想、ということです。個人として実在しているということ自体が幻想に過ぎないというのが、ある意味での悟りとも言える訳です。残念ながらそのことが今の僕にはよく分からないのですが。

諸外国の仏教では輪廻転生は普通に信じられているようですが、輪廻転生を信じる信じないは仏教の本質にはあまり関わりがないのではないでしょうか?

創兎さん

2019/6/1612:31:59

正しい仏法とはどんなものなのでしょうか?逆質問ですいません

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる