ここから本文です

祖父母のお葬式の翌日、会社を休むか休まないか、常識的にどうなんでしょう。

アバター

ID非公開さん

2019/6/1619:27:16

祖父母のお葬式の翌日、会社を休むか休まないか、常識的にどうなんでしょう。

喪主の子どもではなく、お通夜、お葬式は参列し、その次の日です。

お通夜、お葬式で休めば基本的に充分で、出社しない方が甘いのか、逆に次の日から出社するのは冷たく非常識で、一日くらい親やその兄弟等に寄り添うべきなのか。

会社の規定や個々人の状況によるとは思いますが、自分としては充分な気もするし充分じゃない気もするので、経験談などあればお教えくださいませ。

閲覧数:
127
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kai********さん

2019/6/1622:27:14

葬儀(正式には荼毘式)が終わりましたら、色々な後しまずもあろうかと思います。
あなたにお手伝いの気持ちがあるなら休んでも宜しいのではないでしょうか。
会社の規定がどうなっているを確かめて、上司と相談してみてはいかがでしょうか。
合掌
寺の住職より。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kws********さん

2019/6/1711:22:04

喪主の子どもではない、つまり故人と別居なら、会社の忌引き規定どおりで宜しいかと私は思います。

ajy********さん

2019/6/1711:06:37

葬儀の場所が遠方でない限りは出勤すると思います。よほどの理由がない限りは、親世代はともかく、孫は休んだところで何もすることはありません。
私は通夜の日も普通に仕事をしていました。

nya********さん

2019/6/1710:28:54

仕事が大事か、故人を偲ぶのが大事かで判断は違います。
忌明けはお亡くなりになってから49日が、一般的。
喪中は、仏教伝来の頃は3年。
江戸時代は服忌令で、13か月。
明治からは太政官令で、12ヶ月。
現代は、49日が過ぎれば忌中も喪中もないとお考えが・・・

時代と共に故人を偲ぶ考えも自己都合優先のようです。

rur********さん

2019/6/1710:20:33

仕事行ったら良いんじゃないですか?
同居の祖父母でも無い様子ですし?
仮に同居のしていても
運転手としてかりだされるとか?
なにか用事を頼まれるとか?
特に無いなら
仕事行けばいいと思うけど?

プロフィール画像

カテゴリマスター

oka********さん

2019/6/1708:50:41

寄り添わないから冷たいとか非常識だとかは思いませんが、
一般的に孫の場合、祖父母と離れて暮らしていたならば葬儀(告別式)の日は夕方までには解散し、自宅に帰ります。
この場合は葬儀の翌日から普通に出社して問題ないと思いますが、
祖父母の子(父母にあたる)と同居に近い状態で、祖父母の子が喪主や施主をされていた場合、香典を数えたりですとか、記帳を照らし合わせたりですとか、そうした残務を行う場合があり、翌日も手が空かない場合はあります。
親族でもお客様立場(前者)なのか、
ホスト立場(後者)なのかによって違ってくるということです。
私の場合、母方の祖父母の時はキャスト(お客様)立場で、
また、主人の祖母の時はホスト立場だったので、「祖父母」であってもかなり違ってきました。
また、キャストであっても、遠方からわざわざ出向くケースでは、とてもじゃないけれど夕方に解散されたら自宅に帰れないケースもあるでしょう。
(飛行機がどうしても取れなかったなど含みます)

家庭や環境によってケースバイケースですから、勤務先に相談というのが一番です。
多少無理すれば2日の休みで出社できるとなった際、会社から、
「いまは繁忙期ではないし、もう1日休んでもいい」という場合もあれば、
「プロジェクトの関係で3日目は出社してほしいと思っていたけど本当に大丈夫か?」というケースもあると思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる