ここから本文です

扁平足を直したいです

www********さん

2019/6/1623:08:33

扁平足を直したいです

私は土踏まずがほぼないに等しく、姿勢も猫背で悪く、歩き方がおかしいとよく言われます
ヒールを履かなくてもすぐに足は疲れます。ヒールはほぼ履けないくらい苦手です。立っているのも苦手です。

扁平足や姿勢を直したいのですがどのような方法がありますか?扁平足サポーター等ありますが効果はあるのでしょうか。

扁平足や姿勢が治った方是非教えてください

閲覧数:
47
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zco********さん

2019/6/1811:47:39

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が偏平足予防、扁平足矯正、偏平足進行防止に処方する米国専門処方(RX)シューズZ-****を強くお勧めします。

偏平足矯正に硬い靴や硬いインソールを作る人々が見落としているのは、実際にそれらの多くは、米国専門処方(RX)シューズZ-****の整形外科インソール一部をコピーして硬く作ったが、それと同伴されるべきことは

必ず衝撃吸収を50%以上にするヒールが必要であり、簡単に申し上げますと扁平足矯正と言いながら扁平足矯正もできないし、足首、膝の関節を全部壊してしまうでたらめ靴、インソールは使わないべきです。代わりに、

米国の医療保険に適用され、米国の医師が扁平足矯正、X脚矯正に処方して本人の体重、職業、偏平足を形、脚、足つき矯正に合わせて調整してくれる米国専門処方(RX)シューズZ-****を日常、職場(学校)生活、ウォーキングなどをする際に、履けば別途に病院での扁平足矯正治療がなくても、内反省扁平足矯正されてX脚も事前に予防します。

扁平足を矯正すると、通常の人のように足の形がとれて足つきも正常になることはできますが、扁平足矯正されるまで足が痛く足首も痛いこと甘受する必要があります。

偏平足カスタムインソールはほとんど非常に硬くなっており、長く履ける場合足首膝軟骨の損傷などが来る二次疾患の原因となることがあり、昨今は、米国医師を中心に扁平足合わせインソールの代わりに膝足首の関節の衝撃を50%少なくしてくれ偏平足矯正、進行防止をしてくれる米国専門処方(RX)シューズZ-****を処方し、履く瞬間柔軟性内反省扁平足矯正、X脚矯正をしてくれて履くすぐ本人が直接確認することができ、

日常、職場(学校)生活の中で最も簡単にお金かけず後遺症がない扁平足矯正、扁平足進行防止方法は、米国医師が扁平足矯正に処方するギブスのような役割をする硬い整形外科インソールが基本装着された専門シューズを履くことであり、長く立って長く歩くことが非常に楽で、疲れても減り再発の可能性が非常に低く、個人ごとにカスタム調整を介して歩行、足、骨盤、背筋も矯正され、足首、下半身筋力も強化されて、ヒップアップにもなって、脚の長さも長く見せてスタイルもよくなります。

偏平足という言葉は、足の裏中間アーチ部分が低いと言うで足のアーチはスプリングのような役割で、アーチが低いとスプリングの衝撃緩和効果が少なく、歩くときの勢いが正常足に比べて弱いため、長く歩く場合長く立っている場合すぐ疲労になることです。

もし足首が痛い場合は、足首が内側に崩れる内反省扁平足であることと見ればよく、扁平足矯正100%は難しいが日常、仕事(学校)生活に不便がないほどには修正され、これ以上悪くならないように扁平足進行を防止可能であり以下を参照して
米国専門処方(RX)シューズZ-****を履けば手軽に扁平足矯正、偏平足進行を防止します。

扁平足の方は、主に足首が内側に折れ、靴底の内側がよくぼろになるのが一般的であり、これにより本人も知らないうちに歩き方が異常、脊椎骨盤不均衡が伴われ、ひどい場合脊椎側湾も伴われ、このような異常を日常生活職場(学校)生活、運動する際に気を使わないで偏平足矯正、進行防止することができるように、各個人別調整する専門RXシューズ(運動靴、登山靴、安全靴、靴)を本人に合わせて調整して履くと扁平足が自然矯正、進行防止します。

複数の人の意見を聞くのも良いが扁平足である本人が直接無料体験期間を利用して履いてみ、どれだけ扁平足矯正、偏平足進行防止に役立つかを判断することがより良いでしょう。、つまり「百問は試着に如かず」です。

脚の裏、足首衝撃、足首ねじり、足の裏アーチ(足裏の真ん中のくぼみ)崩れを最小限に抑える米国専門処方(RX)シューズZ-****を履き、日常、職場(学校)生活すると特別な病院治療がなくても足の裏アーチを保持して(足の裏偏平足進行を防止し)、足首をまっすぐにして内、外反省扁平足(足の裏が足首の内側、外側に崩れること)進行を抑制し、足首の筋肉を強化させ、ズームに扁平足矯正してくれる一番良い矯正、治療法の一つです。あなたの迅速な矯正、快癒を願います。
以下を参照して治療すれば矯正、治療の失敗に起因する経済、身体的、精神的損失を最小限に抑えることができます。

偏平足は足を上げたときは、扁平足ではなく立っている場合にのみ、扁平足である柔軟性扁平足と足を上げた時も扁平足、立つ時も扁平足である先天性強直性(強性刑)扁平足で主に分けられ、すべての扁平足は足の裏が内側に崩れる内反省扁平足、外に崩れるほか反省偏平足による足裏の痛み、足首の痛みを訴えており、これを解決する矯正が本当の扁平足矯正になり、これは全体下肢整列の下敷きとなり、これにより、足の裏 - 足首 - 膝 - 股関節-骨盤 - 脊椎まで至る下肢整列、歩行矯正をすることが真の矯正であり、ただのインソールやカスタムインソールではこれを矯正するには限界があり、唯一米国専門処方(RX)シューズZ-****だけが可能です。

また、一般人のうち、約15%程度のくるぶしの下、少し前方に飛び出した奇形の骨である舟状骨副骨という骨がもう一つある、すなわち、筋肉があるべき場所に骨がもう一つあり、足首、足裏が内側に崩れる内反省偏平足に進む場合もあり、舟状骨副骨が非常に大きい場合、手術を検討し、手術は手術後靭帯筋肉安着などの後遺症が多く、可能な外科的治療をしないのが一般的です。

つまり、足裏、足首を生活の中でまっすぐ立てる扁平足矯正米国専門処方(RX)シューズZ-****を履い日常生活職場(学校)生活と自然矯正され、長く立って長く歩いても非常に楽で、疲れも痛みも減って生活の質を向上させ、扁平足矯正の程度に応じ、簡単にカスタム調整でき、追加料金もかからない利点があります。

用語説明(米国シューズ分類基準):処方(RX)シューズとは?
職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方(RX)の靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方(RX)シューズである。

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が偏平足予防、扁平足矯正、偏平足進行防止に処方する米...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sof********さん

2019/6/1716:59:42

扁平足と一言では説明できないものがりますが、改善の事例ブログ記事がります
https://askel.tokyo.jp/?page_id=9572
お近くに足の専門院があれば相談してみてください

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる