ここから本文です

シェンゲン圏内においては国境を越えて移動するときは、原則入出国審査がないかと...

a_w********さん

2019/6/1701:07:24

シェンゲン圏内においては国境を越えて移動するときは、原則入出国審査がないかと思います。

私は欧州に行ったことがないのでわからないのですが、シェンゲン圏内のA国からB国へ飛行機で向かう場合は国際線としていくと思うのですが、その時に一切審査はないのでしょうか?(国内線のような扱い?)同じ国際線でもシェンゲン圏行とその他で審査の有無が違うのでしょうか?
また同じ国境でも、その超え方(車、鉄道、飛行機)の違いでも審査の有無が変わってくるのでしょうか?

閲覧数:
77
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s20********さん

2019/6/1811:18:36

飛行機の場合はすでに既出ですが、

例えばドイツ〜イタリアあるいはドイツ〜フランスへ車で向かう場合行き先によりスイスを通過しなければならない場合はスイス入国時に国境でパスポートの提示が必要になります、手荷物の検査はありませんでした。

スイスから他国へ車で移動する場合はフリーで、鉄道の移動もこれに準じます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nob********さん

2019/6/1721:12:00

はい、出入国審査はありませんよ。もちろんチェックイン時の身分証のチェックや保安検査はありますから、実際問題として日本人がパスポートなしで飛行機に乗ることはできません。

だいたい域内線と域外線はターミナルや搭乗エリアで分けられているので、正しいターミナルに向かい、正しい搭乗ゲートを目指して行けば、間違えて入国審査を受けたり、必要だったのに受け忘れたりすることはありません。

乗り継ぎも同じです。域外から来て域外に乗り継ぐ人、域外から来て域内に乗り継ぐ人、域内から来て域内に乗り継ぐ人、みんな動線が完全に分かれているので、とにかく自分の搭乗ゲートの標識に沿って進めば間違うことはありません。

「シェンゲン域内は右、域外は左」みたいな分かれ道があって、自分で判断してどちらか選ばなければならないわけではないです。

日本人はなぜかシェンゲン条約大好きで、やたらとシェンゲンシェンゲン言う奴が多いですが、シェの字も知らなくても何の問題もなく乗り継ぎも搭乗も出来ます。

他の乗り物でも同じです。

yan********さん

2019/6/1714:57:25

ヨーロッパの空港は国内線と国際線に分かれていません。審査はありますが、自分で判断する必要はありません。乗るゲートに進んで行くと必要に応じて審査が行われるようになっています。乗り継ぎの場合も同じです。

tec********さん

2019/6/1714:38:29

そもそも、国内線・国際線という呼び方をあまりしません。国内線が無い国もありますし。
シェンゲン圏内のフライトであれば、チェックインから搭乗口までのプロセスは日本の国内線と同じです。目的地がシェンゲン圏外の場合のみ、搭乗口の手前にパスポートコントロールが設置されています。
また既に回答のある通り、越境手段によって変わるということは有りません。ただし国によっては、パスポートの提示を求められることは有ります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2019/6/1708:11:22

シュンゲン圏内の移動は国内線と同じ扱いです。日本人はパスポートを提示しますが、現地の人はIDカードの提示です。入出国手続きはありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pea********さん

2019/6/1706:47:42

国内線と同じ感覚で手続きはチェックインと保安検査だけです。
国境を超える場合どのような手段でも検問等はありません。
但し、シェンゲン内住民はID、外国人はパスポートの所持が義務付けられており、官憲の求めに応じて提示しなければなりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる