ここから本文です

生損保業界は、 良く親会社の損保から生保へ出向、 その後行ったり来たり、 微...

ho_********さん

2019/6/1714:41:50

生損保業界は、
良く親会社の損保から生保へ出向、
その後行ったり来たり、
微妙に出世街道ハズレだし、
買収や身売りしてきた同業の
生損保に出向→戻る→また出向→ついに転籍、のような事

が頻繁にあるのでしょうか?

最終的に川上の会社から川下の会社に
行きたくケースは結構見ました。
プライドと過去の栄光語りが、
多かったですね。

また、同業界内の転職も、
非常に激しく感じたのですが、
いかがでしょうか?

誰誰は今◯◯にいる、や、
◯◯に移った。

業界の交流会やパーティやらで、
久々に『よー!今どこなのよ?』
『今◯◯なんだよ。』
という会話を沢山聞いてきました。

広い業界と思ったのですが、
意外と狭い業界のように感じました。

逆にその辺の顔見知りや先輩後輩、
懇意等をコネにして、
転職してきた人や、出て行った人も
見てきました。

業界として、そんな感じなのでしょうか?

また、退職して異業種や、
病気退職等した方への扱いは
意外と厳しいと言いますか、
付き合いなくなってしまっている様でした。

メリットないと付き合い切ってしまうのか、
と感じましたね。

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ja4********さん

2019/6/2019:31:43

>良く親会社の損保から生保へ出向、その後行ったり来たり、

役に立たない社員はそうなりますがそれはどの業界でも同じでしょう。

>同業界内の転職も、 非常に激しく感じたのですが、いかがでしょうか?

総合職社員では普通はあり得ませんが、通販社など新規参入の会社に転職した人はいます。
営業職員や研修生なら可能かもしれませんが、現在は同業種からの転職者は基本的に採用されません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる