ここから本文です

先日JALが秋から国内線に導入するエアバスA350をフランスのトゥールーズから空輸し...

der********さん

2019/6/1809:21:30

先日JALが秋から国内線に導入するエアバスA350をフランスのトゥールーズから空輸しました。
素朴な疑問です。
国内線仕様ということは、航続距離は長くもないはずです。
途中どこかで経由し

て給油したのでしょうか?
それとも元々長距離仕様なのを、これから国内線に改造するのでしょうか?

詳しい方の回答をお待ちしております。

閲覧数:
86
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2019/6/1811:58:05

製造時のスタンダードを変更するのはコストがかかるのでほとんどやりません。JALのA350もほぼスタンダードのままだと思います。ですから航続距離はヨーロッパからダイレクトに日本に到達できる性能があります。他の方が書かれている通り、主にキャビン仕様を国内線用にします。その他は、日本到着後に最大離着陸重量を低く登録します。これは空港での離着陸料金を抑えるためです。また国内線では国際線よりエンジン出力は低くても運航に支障ないため、最大エンジン出力を抑えてエンジンライフを伸ばします。
A320クラスだと航続距離が短いので、ドバイやロシアの空港で一旦給油して日本に運びます。

質問した人からのコメント

2019/6/18 19:56:41

細かくご説明ありがとうございました。
もやもやがなくなりましたー!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ecr********さん

2019/6/1811:11:45

座席等の機内設備が国内線仕様なだけで
機体そのものスペックは元のままです

sta********さん

2019/6/1810:40:34

昔中で働いていましたが

元々の長距離仕様のままですよ
ギャレーのスペースを少なくしたり・・・
みたいな改造はあるかもしれませんが
機体のスペック的には長距離も飛べる、元のままです。
航続距離も変わりません。
国内線仕様、というのはあくまでも機内設備(シートとかトイレとか)だけのはずです。

ですから
長距離路線向けに設計された機体を国内線のような短距離路線に使うのは合わない
みたいな意見も会社の中で出ました
でも欧州の短距離でも今はA350が飛んでる時代ですから、問題ないでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる