ここから本文です

荒城の月のモデルは鶴ヶ城・会津若松城と言うことが判明しているのに、他の城がモ...

アバター

ID非公開さん

2019/6/2219:13:15

荒城の月のモデルは鶴ヶ城・会津若松城と言うことが判明しているのに、他の城がモデルだと誤った情報を流しているヤカラは何が目的なんですか?

閲覧数:
83
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hen********さん

2019/6/2308:59:37

土井晩翠の作詞によるもので
会津鶴ヶ城が構想の舞台だとは言われているが
晩翠の生誕の地仙台やよく行ったと言われている九戸城も
構想の一部にあったのではないかと言われている。

それと作曲の滝廉太郎は岡城のイメージがあったと言われています。

青葉城址や岡城址などに関連の歌碑などがあってもおかしくはないと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/6/2309:56:50

作詞の土井晩翠がイメージしたのが鶴ヶ城や青葉城と言われて
いますが、いかんせん歌詞よりもメロディーラインを作った滝
廉太郎の方が遥かにメジャーで、しかも天守は廃藩置県の折に
城下の民間人に二束三文で払い下げられ、破却されています。

イメージとしては豊後竹田の岡城の方が歌詞・メロディー双方
に最もマッチしているからこそ、後世になって岡城がモデルだ
といわれる所以です。

小勢で島津の包囲網を二度も押し返したかつての難攻不落の堅
城も見る影もなく、またさほどメジャーでもない岡城だからこ
そ物悲しい雰囲気がしっくりきます。

岡城は行ったことが無いと思いますが、是非、行かれてみて
下さい。荒城という感じがします。
郭も残っておらず石垣を残すのみで、山城で城下町からも少
し離れているので侘びしい感じをさらにかきたてます。

私も土井晩翠よりも、滝廉太郎が幼少を過ごした竹田の岡城
の方がピタリと合うと思います。
実際、土井晩翠が作った曲に公募で採用されたのが廉太郎の
メロディーなんです。
二人は顔合わせして打ち合わせて作ったものではないので、
やはりメロディーあってこその歌ですので、岡城優勢です。

edo********さん

2019/6/2219:23:14

滝廉太郎は会津若松には行っていないと思いますが。
詩が先で土井晩翠は生まれ故郷の青葉城をモチーフにしたと言われ、滝廉太郎は青年時代を過ごした竹田城をモチーフにしたであろうというのが一般的です。その他にも富山城という説もありますが、私の地元ながら子供の頃に数年いただけなので、違うと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる