ここから本文です

今回の内閣不信任案は首相が解散しないことがわかったからこそ出されたものとか。 ...

nem********さん

2019/6/2519:26:17

今回の内閣不信任案は首相が解散しないことがわかったからこそ出されたものとか。

野党のていたらくここに極まられりの感がありますが、与党も「戦略的不信任」はありえなかったのでしょうか。

「相手の嫌がることをする」

これが勝負ごとでの定石です。

解散を嫌がってるなら敢えてそっちのほうに国会を誘導してゆく。

野党の出した不信任に乗っかって与党も賛成してしまう。もちろん直前までそんな気配はおくびにも出しません。
不信任が可決すれば野党の恐れる解散に一気に傾きます。
そして衆参ダブル選で自民圧勝。

こんなシナリオはダメですか?

閲覧数:
18
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ppt********さん

2019/6/2519:41:22

不信任決議案が可決して解散になり、野党が総選挙で惨敗したことも過去にはあります。(ハプニング解散)

「野党は、総理を辞職させるつもりが、自分たちが無職になってしまった」と笑いものにされました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/6/2519:41:21

そもそも「内閣不信任決議」です。

与党が分裂して、非主流派が「今の政権はダメだ」ならともかく、与党の多くが賛成して解散し、その後の選挙で分裂もなく「引き続き自公政権で」というのはさすがにおかしい話でしょう^^;

与党を支持する有権者は黙って投票するでしょうけど、野党に攻撃材料を与えているようなものですよ。

アバター

ID非公開さん

2019/6/2519:31:31

与野党共に、それぞれの思惑に反する裏切り者を暴き出す役割をはたします。政治で常套手段の駆け引きの一つでもありますし、それぞれを引き締める役割もあります。過去には通るはずがなかった一部の与党議員裏切りや批判票での不信任案が可決されてしまい、ハプニング解散に至った例もあります。まったく無駄な事ではないのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる