ここから本文です

江戸時代の刑罰について質問です。 打ち首獄門等の見せしめの処刑は未成年者も対...

mgk********さん

2019/6/2700:49:14

江戸時代の刑罰について質問です。
打ち首獄門等の見せしめの処刑は未成年者も対象ですか?市中引き回しも同じですか?
また、死罪になった本人の家族親戚も同じく斬首刑で仲良く揃って晒し首

ですか?
ご返答よろしくお願いします。

閲覧数:
64
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

edo********さん

2019/6/2701:41:04

未成年者(15歳未満)は刑の執行を成人になるまで猶予されます。その間は町役人などの保護観察が付き、成年に達した時は刑が一等減じられるのが普通かと思います。

放火の罪で火炙りの刑が執行された「八百屋お七」は当時14歳だったとも言われ、本人が15歳だと言い張ったため刑が執行された、と言われています。

親族に類が及ぶ「連座制」が適用される場合も罪一等減じられます。死罪の場合は遠島です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/6/2711:11:54

放火のような大罪でも年少者は極刑は免れたので、斬首というのはありません。

斬首と決まった女性でも妊娠していれば出産まで刑は延期されます。

獄門晒し首は凶悪な盗賊や政治犯が主で家族まで同罪はまず、ありません。

家族巻き添えで、悲惨なのはいわゆる一揆の首謀者の場合で、これははりつけで槍による刺殺ですから誠に、むごいものです。

農民への見せしめです。

wkp********さん

2019/6/2702:40:29

敵討ちが公認され、
仇討ち認可される時代です。被害者の遺族の被害者感情を考慮すれば、

家族に処罰は及びますよ。

家族の連帯責任になることで、犯罪抑止力にもなります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/6/2702:25:25

近代法のような、細かな規定があるわけでは無いから、
裁きを下す役人の裁量次第でしょう。
元服前の子供なら、一定の配慮はされますが
隠れキリシタンの処刑などでは、幼い子供が、
衆人環視の中、打ち首になった例もあります。


>死罪になった本人の家族親戚も同じく斬首刑

連座制で処刑された場合は、獄門晒し首にはなりません。
首を晒されるのは、あくまで犯罪の当事者のみです。
というか、連座制で、死罪になるケースというのは、
ほとんど聞いた試しがありません。
さすがに、国家転覆をはかった、慶安事件の首謀者、
由比正雪の家族は死罪になったようですが、
世直しを訴えて大坂で大規模な暴動を起こした、
大塩平八郎の家族は、遠島で済んでいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる