ここから本文です

光学顕微鏡の話なんですか、なぜ、対物レンズが40倍のときは視野が暗いため、反射...

アバター

ID非公開さん

2019/6/2711:44:33

光学顕微鏡の話なんですか、なぜ、対物レンズが40倍のときは視野が暗いため、反射鏡に凹面鏡を使用するのですか?

閲覧数:
13
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2019/6/2714:18:30

40倍は、10倍に比べて4倍大きく見えて、観察範囲の面積は1/16になる。つまり、照らされている光が1/16になる(広がる。薄まる。)ので、暗くなる。

凹面鏡を使って光を集光すると明るくなる。40倍は10倍に比べて、標本から光を集める能力(開港数:NA)が大きいので、凹面鏡で角度のついた光を当てて見ると、明るく、解像度も良くなる。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tn6********さん

2019/6/2711:58:39

凹面鏡にすると光が集まるから明るくなる。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる