ここから本文です

地震大国で原発を稼働しようとしている安倍政権って正気なんですかね?

fed********さん

2019/6/2712:48:22

地震大国で原発を稼働しようとしている安倍政権って正気なんですかね?

閲覧数:
81
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

frr********さん

2019/6/2714:10:53

正気でやるのが、安倍政権です。

普通はやらない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2019/7/318:45:46

原発で働きたいわけではなさそうなので正気なのでしょう。

kua********さん

2019/7/316:10:21

正気とはとても言えないですね。

原発に大地震が直撃すれば、すぐに冷却水が喪失します。

どういうことか?

福島原発事故は防げた可能性がある。

でも、防ぐことはしなかった。

あと10メートル高台に原発設置、

地下に緊急電源装置を置かない、

バッテリを余分に用意しておく、

圧力蒸気逃がし出口を建物の外に作る、

逃がし弁を手動で動かしやすく工夫する。

たったそれだけで、

福島原発事故は起きない可能性はあった。

もっと言えば、原発の配管、細管の補強ができればよかったですが、

かなり被曝するので期待できないですね。

お金もたくさんかかりますし。

なので、古い原発は例外なく、全て危険です。

あたりまえに、金属疲労を起こしてます。

福島原発事故以前、

安倍首相は、何度も原発事故の対策を求められましたが、

事故対策は不要と答弁しました。

その後、

地震が来て、配管、細管破断。

これで冷却水が喪失。

合わせて、送電線倒壊。

津波が来て、電源喪失。

手動ベントが原発建屋内で近づけない。

マニュアル書の紛失。

原発職員のパニックで、いるだけ。

本店の役員の無能なボヤキ。

怒りに燃えた菅首相が現場に来てベントを強制。

決死隊によって、圧力容器、格納容器の圧力は下がり、

最悪の事故だけは免れました。

1号基の格納容器が爆発していれば東日本は終了しました。

連鎖的に、他の格納容器が爆発し、

隣設の燃料プールが崩壊していれば、世界が終了しました。

これは、妄想ではなく、

世界的に心配された現実的なシナリオです。

当時、ドイツはすぐに、放射能の拡散予想サイトを公開し、

全世界が注目してました。

しかし、無能なボヤキを続ける東電本社と現場は退避しようとしていました。

米軍も、外国人も羽田、成田に殺到して、日本脱出をしてましたね。

怒りに燃えた菅首相が現場に来て、ベントを強制。

決死隊により、なんとか、たまたまベントが成功し、

限界圧力をとっくに越えていた格納容器、圧力容器の圧力が下がりました。

最悪の事態は乗り越えましたが、

ベントの出口が建屋内という、外国人設計者もビックリのナゾ設計により、水素爆発。

大量の放射能が世界中に放出されました。

広大な国土は使用不能になり、今も廃墟の死の町。

あのとき、菅首相がいて本当に、日本は良かった。

世界は助かった。

東電本社の武黒と仲よしこよしらしい安倍首相だったら、退避許可をだして、

東電の社員は逃げて、

圧力限界を越えた原子炉とともに、世界が終わっていました。

福島原発に近づくことも不可能だったでしょう。

亡くなった福島原発所長さんの言う通り、東日本が永遠の廃墟になるところでした。

以上のことは、「東 京 電 力」の動画ですべて、

簡単に、確認できる事実です。

検索能力も、動画も検証できない方は、

わからないかも知れませんね。

その後、

安部首相は、菅首相に原発事故の責任をなすり付けようとしました。

裁判記録に残る、安倍首相の事実です。

そして、大噴火、大地震の予測があるにも関わらず、

車なら廃車の40年経過している、

老朽化原発の再稼働を決めたのも安倍首相です。

しかも、原発を作りなおす、オーバーホールもなく、

ペーパー車検みたいな検査で合格。

西日本の再稼働原発は、

大事故が起きれば、

日本に高濃度放射能を、

超長期間に渡って拡散してくれるでしょう。

利益を出すために、マンション手抜き工事はあたりまえでしょうが、

原発でそれは、日本が終わりますね。

ngo********さん

2019/6/3015:46:32

私は自民党員ではありませんが、基本的な考え方は保守ですので自民党に近いです。しかし、原発政策だけは絶対的に反自民です。
おっしゃるとおり、地震大国で原発などありえません。電力会社の原発に対する責任感もまったく欠如していますし、再稼働なんて絶対に許せません。国民として再稼働だけは絶対に阻止しましょう!!

yak********さん

2019/6/2809:50:17

勿論、正気です。

これも10回以上繰り返されている「放射脳」の質問です。

地震、津波、台風、大雨、洪水などの外的事象は、原発だけでなく、日本中の住居、ビル(オフィス、住居、病院、学校、警察、官庁などなど)、鉄道、道路、橋梁などに負荷を与えるのです。

阪神大震災、中越沖地震、東日本大震災、熊本地震、大阪府北部地震などで2万5千人の方が亡くなられているのです。熊本地震では新幹線が脱線しているのです。
一方、日本で、原発事故の被曝で亡くなられた人どころか、健康被害も0なのです。そして、地震に関係なく、交通事故で毎日、10人ぐらいの方が亡くなられているのです。

人は生を受けてから多くのリスクに囲まれて生活しており、どのリスクが大きいかをきちんと認識する必要があるのです。これができないのが「放射脳」ということです。

「放射脳」に説明しても無駄なことは承知ですが、そもそも、日本の建築物の中で、原発の耐震性が最も優れているのですから、地震大国で問題にするのであれば、原発より耐震性の劣る日本中の住居、ビル(オフィス、住居、病院、学校、警察、官庁などなど)、鉄道、道路、橋梁を使用していることが正気ではないことになるのです。

静的震度だけの比較で、ごく簡単に言えば、原発の重要な建屋は一般の建築物の3倍の耐震性を有しています。
実際には、①原発立地周辺のボーリング調査をし、安定地盤(工学的基盤)上に立地すること、②設計で考慮する地震の大きさを、震源を特定して策定する場合、特定しないで策定する場合の両方を考慮して定めていること、などで、一般の建築物の5倍以上の地震力を想定して設計しています。

なお、原発の安全確保とは、公衆被爆の防止(抑制)ですから、原発の中にある全ての建築物が5倍以上の耐震性を有しているのではなく、耐震上の重要度に応じて想定する地震力を変えていますので、一般の建築物と同様の地震力で設計される建屋、設備もあります。耐震上の重要度は規制委員会の耐震設計審査指針で定められています。ですので、大きな地震があった場合に、一般建設物と同じ耐震条件で設計されている建屋、設備が損傷する場合もありますが、公衆被曝に繋がる安全とは無関係です。
なお、東日本大震災も含め、日本の原発で、これまでの地震によって安全上の機能が損なわれたことはありません。

熊本地震で新幹線が脱線した(それでも、耐震性の見直しなどの対策は何もしていませんが)ように、地震による被害を心配するのであれば、人の命に直結する原発以外の建築物、住居、ビル、道路、橋梁などを心配すべきであり、これが分からない「放射脳」が正気ではないということです。

そして、質問者と同じ「放射脳」がいつも通りの酷い回答をしていますので、正しておきます。

>地震大国で火山大国の日本国に置いて、原発を稼働しようとする安倍政権は正気では無いのは明白であります。
⇒上で説明した通り、正気ではないのは「放射脳」ということです。

>原発は、一度、過酷事故を起こせば国土を失い、その国土に根ざした国民の生存権を脅かす『暴力装置』であります。
⇒国土を失うという意味がまったくの不明です。帰宅困難地域の被曝量は、僅かに20mSv/年を超えているだけであり、科学的にはまったく問題など無いのです。
日本の原発事故の被曝で亡くなった人は0なのですから、生存権などまったく的外れであり、これを言うなら、毎日10人もの命を奪う自動車を走らせていることであり、正に暴力装置なのです。

>原発無しで2013年9月から2015年8月までの間の約2年間は原発ゼロで何等の支障も無く、電力は有り余っていた訳であり、代替エネルギーを示す筋合いは無いのであります。
⇒これも何度も指摘しているように、電気料金が30%(産業用)も上昇し、CO2排出量も増加し、節電で労働環境を悪化させ、化石燃料費として20兆円以上が海外に流出したのです。電気が足りていたのではなく、経済と環境の悪化と引き換えで足りるようにしていただけです。
そもそも、国家の存亡に直接係るエネルギー問題は、長期的視野で、3Eの視点で考えるべき問題であり、「放射脳」にはこれがまったく分かっていないというだけのことです。

>ただし、原発がゼロである事は、石炭火力や石油火力に頼る事に成る為、中部電力は最先端ガス火力発電のGTCC(ガスタービン・コンバインド・サイクル)等を大量に新・増設しており、再生可能エネルギー比率も2018年には17.4%と成っており、もはや原発の出る幕は無い事を断言するモノであります。
⇒GTCC燃料も化石燃料であり、全て輸入品です。そして、CO2を排出するのです。17.4%の半分は従来からの水力であり、太陽光、風力は高い賦課金を取られるだけではなく、不安定電源なのです。こういうことも分からずに騒いでいるのが「放射脳」ということです。

>かつて、安倍晋三の盟友である『甘利明』が原発事故について記者から『日本はどうなるのですか?』と質問されたことがあります。それに対して、大臣であった甘利明は『日本などどうなっても良い』と言って席を立ちました。彼らにとって、それが『本心』なのです。
⇒こういう根拠のない妄想を言うのも「放射脳」の特徴です。

>安倍晋三も『原発事故』などどうでも良いのです。彼が欲しいのは『電気』ではないのです。『核兵器』なのです。核兵器を得るためには『原発稼働』が必要なのです。まさに、北朝鮮の首領と同じ頭脳構造なのです。
⇒これも「放射脳」の単なる妄想です。それに、何度も説明しているように原子炉級Puは兵器級Puではないので、核兵器など作れないのです。こういうことも分からずに騒いでいるのが「放射脳」ということです。

「放射脳」が正気ではないことは、このカテゴリーの質問、回答を見ていれば、普通の人には容易に分かることです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる