ID非公開

2019/6/29 7:32

22回答

第二次世界大戦期で一番威力のあった榴弾砲を教えてください! まだ、最良の榴弾砲(扱いやすいとか量産性に優れるとか)もあれば教えていただきたいです

第二次世界大戦期で一番威力のあった榴弾砲を教えてください! まだ、最良の榴弾砲(扱いやすいとか量産性に優れるとか)もあれば教えていただきたいです

ミリタリー43閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

最良の榴弾砲は、状況によって異なるので一概には言えません。 使用する戦場の地理や使う国のインフラ条件などによって 何とでも変わりますので。 例えば質問中に示されてる範囲だけで考えて 「扱いやすい・量産性に優れる」とすると 小さければ小さい程良い、って話になってしまいますしね 第二次世界大戦における最大の榴弾砲は ドイツが製造した80cm列車砲です。 重量1,350t(運用の際は更に牽引車両2両が必要) 4,800kgの榴弾を820m/sで撃ち出し 48km先まで飛ばす性能があり、 セヴァストポリ要塞攻囲戦において べトン弾を発射し、10mのコンクリートで防御された 地下30mにある要塞砲の弾薬庫を爆砕した等の実績がありました。 運動エネルギーは計算上、1800メガジュールとなり 1発で戦艦大和の主砲4発分に相当します。 ただ、巨大なだけに非常に使い勝手が悪く、 戦車が数十両買えるくらいにお高かったのもあり、 二両(グスタフ、ドーラと言う名称がある)しか 製造されませんでした。

その他の回答(1件)

0

フランスが第一次大戦中に製造して第二次大戦ではドイツ軍が鹵獲して独ソ戦に投入した520mm列車榴弾砲が当時榴弾砲に分類された中では最大最強ですね。最良は判断が難しいですが堅実さでいえばアメリカのM2 105mm榴弾砲でしょうか。ドイツのleFH18/40だと軽量化優先で安定性が不安ですしマズルブレーキ付なので後ろに来る爆風と爆音が増えて砲員に余計な負担が掛かる問題もありますから。