ここから本文です

制振構造などで吸収した振動エネルギーの行方 制振構造とは書きましたが具体的...

oka********さん

2019/6/3014:57:55

制振構造などで吸収した振動エネルギーの行方

制振構造とは書きましたが具体的な建造技術ではなく、もっと身近というか一般的な話を例にします。

例えば2枚の金属板A,Cの間に柔らかいスポンジBを挟んだ構造を考えます。金属板Aの上にコンプレッサーのような振動源による振動が発生した場合、潜り込んだ振動波はスポンジBで吸収されて金属板Cにまで伝播しないように思います。このように力学的な振動のエネルギーが吸収される時、吸収されたエネルギーはどこに行ったのでしょうか?それとも吸収ではなく、振動波はスポンジ界面で反射され続けてるだけですか?

閲覧数:
69
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sin********さん

2019/6/3017:19:13

コンプレッサーの大きな振動の対策には
スポンジは有効でなく吸音材として使います。

振動、それも加速度が大きい高い周波数が外部
に伝わりにくくするには防振ゴムやバネを使い、
反射させる。
ゴムは使い方で振動エネルギーを熱エネルギー
に変換する減衰作用もあります。
さらには空気ばね、油圧ダンパーは減衰の効果
が大きく自動車で使われます。

  • 質問者

    oka********さん

    2019/6/3020:56:59

    ご回答ありがとうございます。

    一般的に"反射"と"吸収"というのはそれぞれどういう条件の時に起こるのでしょうか。
    ヤング率(音響インピーダンス)がAとBで近い物質だと振動が伝播しやすくなるかと思います。
    光の屈折や反射のように、それぞれのヤング率がEa>>Ebだと振動の吸収が起きて、Ea<<Ebだと反射波が生じるといった関係なのですか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/3 00:12:51

ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uur********さん

2019/6/3015:01:19

スポンジの中は空洞の集まりです。
その空洞を圧縮・膨張するエネルギーとして吸収されます。
その運動により熱エネルギーにも変換されます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる