ここから本文です

山県有朋「ドイツもまたわが○○国たることを忘るるべからず」

ori********さん

2019/7/315:27:40

山県有朋「ドイツもまたわが○○国たることを忘るるべからず」

高橋是清「○○○が九分まで勝利ならん」

穴に入る言葉わかりますか?
国際政治史ー日独関係の歴史を事例にーという授業のものです。

閲覧数:
18
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohi********さん

2019/7/721:57:58

第一次世界大戦に対する山県と高橋の言葉ですね。実際にこの通りに述べたのかは分かりませんが,基本姿勢は変わらないでしょう。

山県有朋 「ドイツもまたわが親交国たることを忘るるべからず」
高橋是清 「連合国が九分まで勝利ならん」

当時,日英同盟に基づいて(名目的なものとして)連合国側に参戦しますが,山県有朋のように親独派の人物もいました。

質問した人からのコメント

2019/7/7 22:03:32

ありがとうございます(´TωT`)
解説までありがとうございます!勉強になりました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる