ここから本文です

「苦あれば楽あり」の正しい意味はどちらですか?

tra********さん

2019/7/514:09:28

「苦あれば楽あり」の正しい意味はどちらですか?

A、つらいことがあっても、楽しいことだってあるから極端に嘆くべきではない。(逆も然り)

B、幸せ(楽)を掴む人は、そこに至るまでに努力(苦)をしているわけだから、楽して良い結果を欲しがるべきではない。

閲覧数:
7
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jub********さん

2019/7/514:14:53

A.ですね。
苦労した後は楽しい事があるはずだ。
その逆の言い方も、少数ですがあるようです。
「楽あれば苦あり」

類語としては「禍福はあざなえる縄の如し」が
近いかと思います。

質問した人からのコメント

2019/7/5 15:33:15

ありがとうございます。(^_^)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる